SEOライティングとは「検索ユーザーの求める答えを提供すること」

人の名前
企業担当者

オウンドメディアを始めることになったが、どのように記事を書けば良いか分からない。
検索上位を狙った記事を書いているが、成果が出せていない。

企業担当者の方の中には、上記のような疑問を持っている方も多いです。

最初に結論をお伝えすると、タイトル通りSEOライティングとは「検索ユーザーの求める答えを提供すること」です。

検索をしているユーザーは何かしら目的をもって検索行動をします。目的とは、「今持っている悩みを解決したい」「このことについて詳しく知りたい」「店舗情報を知りたい」「〇〇を購入したい」などです。

SEOライティングでは、このような目的を持った検索ユーザーに、その目的が叶えられるよう必要な情報を過不足なく届ける記事を書きます。

Googleでは、ユーザーの役に立つ情報が上位表示される仕組みとなっているので、検索ユーザーが求めている答えを提供することで、上位表示ができるのです。

加えて、Googleはクローラーと呼ばれるロボットによってサイトを読み込み、「ユーザーの役に立ちそうかどうか」を判断しているため、ロボットにも伝わりやすい文章であることが必要となります。

 

とはいっても、「検索ユーザーの求める答えを提供すること」というのは意外と難しいものです。また、SEOに詳しくなければどうすればロボットに伝わりやすいかもわからないでしょう。

この記事では、SEOライティングの具体的な方法についてご紹介します。

 

こちらのYoutube動画でも解説しています。

 

SEOライティングで検索ユーザーに役立つためのポイント5つ

まずは、検索ユーザーに役立つためのポイントとして、以下の5つがあります。

  1. ユーザーが求める情報を届ける
  2. 結論ファーストで書く
  3. 分かりやすく見やすく書く
  4. タイトルを工夫する
  5. 目で見てわかりやすくする

順番に解説します。

ユーザーが求める情報を届ける

最初にお伝えした通り、ユーザーは何か目的があって検索エンジンで情報を探しています。

ユーザーの目的を満たすことが、くの人に読まれて上位表示されることにつながります

ユーザーが求める情報を届けるためには、検索意図を調査することが大切です。検索ユーザーが解決したいと考えている顕在意図と潜在意図を探りましょう。

 

例えば、「SEOライティング」というキーワードの場合は、「SEOライティングとは何か知りたい」や「SEOライティングを実際にできるようになりたい」という検索意図が考えられます。

さらに、「できるだけ簡単に、わかりやすく知れたらうれしい」という潜在的な思いも持って検索しているかもしれません。

このように、ユーザーがどのようなことを考えて、何を求めて検索キーワードを打ち込んでいるのかを想定し、それにこたえられるようにライティングしていくのがSEOライティングの基本です。

 関連記事
検索意図の調べ方や検索意図に合わせたコンテンツの書き方について、詳細は以下の記事で解説しています。
検索意図とは?調べ方と検索意図の種類にあわせたコンテンツ内容

求めている答えを「結論」から書く

SEOライティングでは、真っ先に疑問に答えるため最初に結論を書きます

なぜなら、ユーザーは自分が検索したことに対して、答えを求めているからです。求めている答えがあったとしてもその答えが見つかりにくかったり、前置きが長すぎたりすると、ユーザーを満足させることはできません。

理想の文章はタイトルや見出しに結論を書き、本文で理由や具体例を説明する文章です。

そのためには、PREP法という文章フォーマットが使えます

PREP法は、Point(結論)→Reason(理由)→Example(具体例)→Point(結論)という順序で文章を書く方法です。結論から書くことで、ユーザーがわかりやすく、説得力のある文章に仕上げることができます。

結論から先に書くことを意識したいときは、このPREP法を利用するのがおすすめです。

 関連記事
PREP法の例文や書き方は、詳細は以下の記事で解説しています。
PREP法の例文付き|SEOに最適な分かりやすいブログの書き方

ユーザーが容易に理解できる文章を書く

読む時に苦労するような文章は、誰も読みたくありません。読者の負担を減らすためにわかりやすい文章を心がけてください。

具体的には、一つの文章には一つの意味しか持たせない文と文のつなぎめに適切な接続詞を使う物事を筋立てて説明するよう論理構造に気を付けることが大切です。

業界で使用する専門用語を多用したり、漢字を続けて使ったりすることも、わかりづらくなる原因となるので注意しましょう。

コツは中学生でも読める文章をライティングすることです。

求めている答えが載っていることがわかるタイトルにする

検索エンジンで検索をすると、下記のように様々なタイトルがずらりと並びますよね。

この時、ユーザーに「このページには自分の求めている答えが載っているだろう」と思ってもらえるタイトルにすることが重要です。

Webコンサルティング 費用

具体的には記事のタイトルは、検索キーワードを入れて32文字以内でコンテンツ内容がわかるようににしてください。

タイトルにキーワードを含めるのは、記事の内容がキーワードに関連していることをユーザーに伝えるためです。また、タイトルの文字数を32文字以内にするのは、Google検索エンジンの検索結果で表示されるのが、32文字前後というデータがあるためです。

キーワードが含まれるタイトルだと、ユーザーがひと目見ただけで、キーワードについて書かれている記事とわかります。さらに、ユーザーの疑問に具体的に答えていることがわかるタイトルだと尚良いです。

 関連記事
SEOに強いタイトルの作り方は、詳細は以下の記事で解説しています。
SEOに強いタイトルの付け方|ポイント5つを押さえてクリック率もアップ

必要に応じて画像などを使い、視覚的にわかりやすくする

SEOライティングというと、文章だけに意識が向きがちですが、ユーザーが読みやすいように工夫することも重要です。

こちらの画像をご覧ください。

読みづらい文章

この記事と全く同じ文章なのですが、このように文章だけがずらっと並んでいるだけだとどんなに内容が良かったとしても、ユーザーは読む気を失ってしまいます。

そこで、読みやすいように改行をいれたり、大切な部分に太文字や装飾をつけたり、必要があれば画像・表・グラフなど挿入したりして、ユーザーが文章を読む手助けをします。

 

ただし注意点として、表やグラフを画像で埋め込むときに、その画像の内容までGoogleのプログラムは判断してくれないという点があります。

ですので、必要な情報は文章で補うことが大切です。画像には、altタグを設定してその画像が何を表しているのかを、ロボットが判別できるようにしましょう。

 関連記事
画像に設定するaltタグについて、詳細は以下の記事で解説しております。
altタグとは?正しい対策方法を「事例付き」でわかりやすく解説!

以上がユーザーに優しい文章を書くポイントになります。

続いて、検索エンジンに優しい文章を書くポイントを5つ紹介します。

SEOライティングで検索エンジンに優しい文章を書くポイント5つ

  • タイトルや見出し、本文にキーワードを含める
  • 共起語をチェックする
  • 代名詞はできるだけ使わない
  • 他のサイトを文章を無断で使用しない
  • タグを適切に使う

タイトルや見出し、本文にキーワードを含める

タイトルや見出し、本文にはユーザーが検索するキーワードを適宜使用してください。

特にタイトルや見出しは、Googleロボットがその記事を理解するときに重要です。Googleロボットは、タイトル→見出し→本文という順番で記事をチェックします。

タイトルと見出しにキーワードを含めることで、検索されたときに上位表示される可能性が高くなります。もちろん本文にも、キーワードを使用してください。

共起語をチェックする

共起語とは、「ある言葉が使われるときに一緒に使われる単語」のことです。

Googleのアルゴリズムは、ユーザーの検索キーワードと一緒に使われる共起語を理解することに加えて、現在は文脈を理解するようになっています。

共起語検索ツールで自分の考えに、抜け漏れがないかをチェックします。

下記の共起語検索ツールは無料で利用することができます。以下にリンクを貼りますので、ご利用ください。

代名詞はできるだけ使わない

「あれ」、「そのような」、「このように」など、単体で使うと意味がわからない言葉の使用は避けます

検索エンジンは、代名詞を理解できません。ですので、代名詞はできる限り使わないようにします。しかし、同じ言葉が何度も続くときには、類義語や言い換え表現を使うことも大切です。なぜなら、同じ表現が続くとスパムとみなされることがあるからです。

加えて、読み手も代名詞が何を指しているか分からないことがあります。特にwebサイトでは、飛ばし読みされたり、ユーザーが知りたい部分だけ読まれたりすることが多いです。

誰がどこから読んでもわかりやすい表記にすることが重要です。

タグを適切に使う

続いて大事なのが、タグを適切に使用することです。タグとは、webサイト上で文字を表示するために必要な特殊な言語のことです。

例えば、<h2>などの見出しタグや<img>といった画像タグ、箇条書きしていることを表す<ol>や<ul>といった箇条書きタグがあります。

タグを適切に使うことで、検索エンジンに正確に情報を伝えることができます

最も大事なのは、見出しタグの順番です。見出しタグは、<h1>~<h6>まであります。小さい数字から大きい数字になるよう使用します。

この記事の場合
<H1> SEOライティングとは「検索ユーザーの求める答えを提供すること」
<H2> SEOライティングで検索ユーザーに役立つためのポイント5つ
<H3> ユーザーが求める情報を届ける
<H3> 求めている答えを「結論」から書く
<H3> ユーザーが容易に理解できる文章を書く
<H3> 求めている答えが載っていることがわかるタイトルにする
<H3> 必要に応じて画像などを使い、視覚的にわかりやすくする
<H2> SEOライティングで検索エンジンに優しい文章を書くポイント5つ
<H3> タイトルや見出し、本文にキーワードを含める
<H3> 共起語をチェックする
<H3> 代名詞はできるだけ使わない
<H3> タグを適切に使う
<H3> 他のwebサイトの文章を無断で使用しない
<H2> SEOライティングした後に使える10個のチェックリスト(ダウンロード可能)
<H2> まとめ
 関連記事
画像に設定するaltタグについて、詳細は以下の記事で解説しております。
SEOに強い見出しの作り方(ブログ編)これだけはおさえるべき注意点

他のwebサイトの文章を無断で使用しない

Googleは次のような無断複製されたコンテンツは使用しないよう推奨しています。

他のサイトのコンテンツをコピーし、独自のコンテンツや付加価値を加えることなく転載しているサイト

(引用) 無断複製されたコンテンツ

他のサイトの文章をコピーして自分のwebサイトに使用したり、同じ内容のままページを作ったりすると、Googleのガイドライン違反と見なされてしまいます。その結果、ページが表示されなくなるということもあります。

コンテンツについて文章を書くときは、基本的に他のサイトが使っている文章を使わないでください。

しかし、文章を引用したいというときもあります。他のサイトから文章を使いたいときは、上記の通り、<blockquote>という引用タグを使用してください。引用をタグを使うことで、文章を引用していることをGoogleロボットに伝えることができます

SEOライティングした後に使える10個のチェックリスト(ダウンロード可能)

最後に記事で説明したSEOライティングのポイントのチェックリストをまとめました。ダウンロードできるようにしましたので、必要な方はご利用ください。

PDFダウンロードURL▼

https://drive.google.com/file/d/1dM4852SGGlLKj4juv6HoUgYLJJbjMnzk/view?usp=sharing

SEOライティング チェックリスト10項目

□ユーザーの疑問に対して必要な情報を届けているか?
□結論から先に書き出しているか?
□一文一義、接続詞の用法、論理構造は適切か?
□タイトルは32文字でキーワードが含まれているか?
□画像や表を入れてユーザーが見やすい工夫をしているか?
□見出しにキーワードは含まれていますか?
□共起語検索ツールで抜け漏れがないかチェックしたか?
□代名詞は使っていませんか?
□タグの順序や使用位置は適切ですか?
□ほかの文章をそのまま使っていませんか?

まとめ

以上、SEOライティングと一般的なライティングとの違い、そしてユーザーと検索エンジンに優しい文章を書くポイントについて紹介しました。

SEOに力を入れる企業は増えていて、SEOライティングを専門としている弊社も「上位表示させることが年々難しくなっている」と感じています。

ただし、重要なのはあくまでもユーザーに役立つ情報を届けること、またそのためにGoogleに正しく判断してもらえるような構造にすることです。

基本はこの記事で紹介した通りですので、ぜひ実践してみてください。

関連記事
この記事では、SEOライティングの方法についてご紹介しましたが、 SEO対策の基本的なことが知りたい方は、ぜひこちらの記事をご覧ください。
【SEO対策とは】2021年版 上位表示するための5つの方法|初心者にもわかりやすく基本から事例まで解説

バリューエージェントは、コンテンツ記事の書き方や成功するブログの作成方法に関するご相談を承っています。

コンサルティングや担当者への企業研修、コンテンツ制作の代行も可能です。

お困りの方は、無料相談も可能ですのでご利用ください。

 

PDF資料無料
ダウンロード

コンテンツマーケティング、サイト設計、リスティング広告などに関する疑問を解消できるポイントをまとめた資料をダウンロードしていただけます。

詳細はこちら

この記事の執筆者

メディア運営チーム

バリューエージェント広報

メディア運営チームの共同アカウントです。

SEO、広告、ディレクション、Webマーケティングなどテーマ内容に応じて、バリューエージェントの社員で一番詳しい人にインタビューをしてまとめた記事を掲載していてます。

この記事の執筆者

メディア運営チーム

バリューエージェント広報

メディア運営チームの共同アカウントです。

SEO、広告、ディレクション、Webマーケティングなどテーマ内容に応じて、バリューエージェントの社員で一番詳しい人にインタビューをしてまとめた記事を掲載していてます。