Pocket
LINEで送る

SEO対策ってなにか知っていますか?聞いたことありますか?という質問をWeb集客のセミナーの際に行うと、ホームページ集客セミナーの参加者でも、知らない人が半分近くいる事があります。

また、SEO対策について調べてみようと思った人の中には、SEO対策を検索エンジンで調べると表示される上位のサイトは、文章量が多すぎて読む気になれない方も多いのではないでしょうか?

そこで、SEO対策とは?ということを初心者にわかりやすく比較的簡潔、かつ全体像がわかるように説明させて頂きます。

SEO対策とはなんだろう?

自社の見込み客が検索するキーワードで、サイトにお客さまを呼び込む仕組みを構築することです。

単純に上位表示を目指すための施策とも言われていますが、上位表示だけに執着した施策は、最近ではほぼ不可能になっています。

言葉の意味としては、Search Engine Optimization(サーチエンジンオプティマイゼーション)の略で検索エンジンの最適化をさします。

  1. Googleのロボットがコンテンツを発見、内容の解読をしやすいようにする。(検索エンジンに、サイトのコンテンツを正確に伝える)
  2. ユーザーが求めている結果を返す。(ユーザーに満足するコンテンツを提供する=他社よりも有益な情報をコンテンツとして提供する。)

この2点がSEO対策といえます。

Googleの検索エンジンの仕組み

Googleは、世界中のサーバをロボットで巡回しています。その仕組は大きく分けると4つになります。

1、ディスカバー (URLの発見)
他のページからのリンクやサイトマップなどからURLを発見します。

2、クロール(ページの情報を見に行って、中身の情報を取得します)
優先度が高いページはクローラーがたくさんきます。

3、インデックス(索引を作ります)
百科事典を作るイメージです。クロールして得た中身の情報を元に索引を作ります。(サーバに格納していくこともインデックスといいます。)ページの理解の内容を理解し、重複するページは、indexから外していきます。

4、サーブ(ランキングの決定)
キーワードを入力したら、インデックスサーバから情報を取得して、関連性の高いものを順に提供します。200以上のシグナルに基づいて、検索結果のランキングを決めている。
また、ユーザーごと、地域ごと、デバイスごとに異なる検索結果を返す仕組みとなっています。

 

これらのGoogleの検索エンジンの仕組みをわかった上で対策を行うことがSEO対策では効果的です。

SEO対策の方法は、内部対策・マーケティング(キーワード設計)・被リンク・システム設計・コンテンツの5つ

SEO対策を行うために考えることは主に5つです。

SEOの基本は内部対策

内部SEO対策は、Googleに正しく、コンテンツの情報を伝えるhtmlの記述です。

分かりやすくすると、「このサイトの名前はこんな名前で、こんなページ・情報があるよ!ということを正しくGoogleに伝えて、正しく評価をしてもらうための対策」の事だと御考え下さい。

また、htmlの記述の際にどのようなことに注意して情報を伝えるのかという一部テクニカルな内容も含みます。特に大切なのは、タイトルとメタディスクリプション、h1などのタグの使い方です。

詳しくは、内部SEO対策〜実施するべき27の項目〜2016年作成を御覧ください。

マーケティング(キーワード設計)は、検索するキーワードから

全てのサイトで大切な要素です。特に一般的なサイト(数十ページから数百ページのサイト)では、重要度は大きくなります。

どのようなユーザーが、どんなキーワードで検索するのか、またユーザーのためにどんなコンテンツが必要なのかを設計することです。

私たちは数十頁の小規模サイトでもしっかりとキーワード設計を行うことで、その後の運用や成果に大きく成果を残しています。

キーワードプランナーやGoogleのサジェスト機能を使ってユーザーがどんなキーワードでユーザーが調べているのかを徹底的に調査します。

私達が数十頁のサイトを作る場合、数千から1万程度のキーワードを洗い出します。

被リンク(外部対策)ってどういう意味?

被リンクは、他社のサイト(ページ)からリンクを受けることです。他のサイトから紹介されているサイトは良い良いサイトという、一般社会の概念をgoogleも持っています。

そのため、影響のあるサイトから紹介されているページが上位表示するというロジックを持っています。

しかし、Gooogleのガイドラインでは、リンクの購入(お金を払って被リンク対策を行うこと)は禁止しているため、自然に他のページから紹介されるということが大切です。

具体的な被リンクを自然に得るためには、自社のサイトをしっかりと様々な人に見てもらおうという取り組みや、人に紹介されるような良い情報を伝えるコンテンツを作成することが大切です。

SEO業者が提供する、外部リンク獲得を支援するようなサービスもありますが、Googleのガイドラインに違反し、長期的なペナルティリスクもあります。

また、弊社のお客様に対するコンサルティング実績によるものですが、外部リンクを外しても順位の変動はかったので、短期的な効果もかなり落ちていると感じています。

実験の結果を記事にしているの読んでみてください。

SEO対策意味あるの?SEO業者の被リンクを9週間かけて外した結果

システム設計は大規模サイトには必須

システムを使ったSEO対策というのは、主には数万ページ〜以上のWebサイトを作る際に必要です。

数万ページや数十万ページ以上のサイトは自然とSEOを考えたシステム設計を行わないと、Googleにクロールされなかったり、インデックスされなかったりします。

また、意図せずにGoogleのガイドライン違反する可能性があり、サイトの評価を落とすことがあります。そのため、ガイドライン違反をしないようにシステムを制御することも大切です。

もし、大規模サイトを制作する場合は、システム関わるSEOの知識を持っている人をプロジェクトに加えてサイトを設計してください。

サイトの規模が大きくなればなるほど大切になります。(数十万ページ以上になると必須です)

良質なコンテンツ作成がSEOの基本

コンテンツは、ページの内容そのもののことです。サービスや商品を紹介するページのコンテンツ。このブログのように情報を提供するコンテンツなど、Webサイトを作る際のページ内容そのものです。

SEO対策で誰もができることでかつ、成果に最もつながりやすいものは、良質なコンテンツを作ることです。これはSEO対策の基本と言えるでしょう。

Googleは、日々検索しているユーザーの求める情報を上位表示させようとしています。そうすることで、Googleの検索エンジンが多くのユーザーから使われることになるからです。

良質なコンテンツの作り方の詳細は、「上位表示するためのSEOライティングの具体的な方法」を御覧ください。

SEO対策の料金目安

SEO対策の料金を上記5つのSEOの方法に基づいてお伝えします。
料金はやる内容により、大きく変わることを予めご了承ください。

内部対策

主に修正箇所のレポートがでてきます。サイトのボリュームやシステム対応があるのかにより内容は変わりますが、静的ページや基本的な内容の内部SEOレポートで10万円〜50万円。それ以上のものは内容により数十万円〜数百万円のコンサルティングになると思います。

キーワード設計(マーケティング設計)

この内容だけで値段を出しているのは見たことありませんが弊社なら50万円〜になります。サイトボリュームが大きくなるとコンサルティングになるので数ヶ月で数百万円になると思います。

外部対策

Googleはガイドライン違反として禁止していますが、中小企業の情報を知らない会社向けにはこのサービスがまだまだ多く存在します。値段も月数万円〜30万円程度で失敗しても仕方無いレベルで、テレアポでSEOを売る営業会社や、ホームページ制作会社が販売していることが多いです。

システム設計

こちらは、私の知る限りでは500万円〜1000万円以上のコンサルティングです。また、SEOの要件を満たすサイトを作ると1000万円以上はかかるため、サイト制作を数百万円で考えている会社には関係のないところです。

コンテンツ

低品質な大量にコンテンツ制作するようなもので1コンテンツ2000円〜1万円。SEOかつユーザーに役立つコンテンツ制作を行っている会社で3万円〜10万円程度が一般的です。

中には50万円、100万円などのコンテンツを制作するサービスがありますが、露出起点の確保やバズがおこる、もしくは有名なライターが書くという特典があります。

詳しい料金の目安は「SEO対策の費用・料金の目安や相場について(一覧表あり)」を御覧ください。

2017年のSEO対策のトレンドとまとめ

SEO対策は、2017年になってから昨年にも増して、コンテンツ重視になっています。2017年になってからの順位の上下はより、以前はサイトのパワーが強いと1つのページで複数のキーワードで上位表示できていたものも、今年に入ってからキーワードとコンテンツ内容の一致度がより正確になってきています。

Googleは、日々検索ユーザーが求めている答を1位から順に並べるように検索エンジンを改良していますが、今年は、より顕著になってきたと感じています。

バリューエージェントのSEO対策サービス
SEOキーワード

SEO対策(オリジナルコンテンツ&キーワード設計)

バリューエージェントのSEO対策は、外部リンクの販売などを行わない王道のSEO対策です。SEO設計を行い、内部SEOを実施し、良質なコンテンツを作成し、サイトそのものの価値を高める長期的なSEO対策になります。

Pocket
LINEで送る