Pocket
LINEで送る

自然検索で上位表示するには、良質なコンテンツ、ユーザーを満足させるコンテンツが必要だと言われていますが本当にそれだけで、上位表示されるのでしょうか?

SEOライティングは、単なる良質なコンテンツのことなのでしょうか?

コンテンツSEOやコンテンツマーケティングで検索で上位表示するには、単なる良質なコンテンツでユーザーが満足させても、上位表示は難しいでしょう。

人間が認識できる良質なコンテンツだけではなく、Google(ロボット)も良質だと認識できるコンテンツが必要です。

SEOライティングの本質

SEOライティングは、普通に文章を書くのと何が違うのでしょうか?

 

キーワードや共起語を盛り込むことがSEOライティングなのかと質問を受ける場合もありますが、本質的には違います。※結果的に、キーワードや共起語が入る場合はあります。

それでは、SEOライティングの本質とは、「検索キーワードに応答した誰にでも分かるよう丁寧な文章を書く」ということです。

そのため、文章自体がユーザーを満足させるコンテンツであったとしても、検索キーワードに応えている文章でなくてはなりません。

検索キーワードに対する答えを丁寧に分かりやすくユーザーが満足する形でライティングするのがSEOライティングとなります。

ライターにライティングを依頼してもSEO効果はないの?

ライターに記事を書いてもらって、内容も良いにもかかわらず全く上位表示しない!そんな話はよく聞きます。

インタビュー記事や面白い記事にもかかわらず、上位表示しない場合があります。ユーザーは満足して押してくれる「いいね」などが多くとも検索上位には上がってこない。これはなぜでしょうか?

一見検索キーワードの内容に関係あることのように思っても文章が面白い場合は、人は内容がズレていることに気づきません。(気付いたとしても面白いので大きな問題にしない)インタビューの際に話していても検索キーワードに関係のない話があって、インタビュー内容を上手くまとめたライティングであっても、よく読むと内容に丁寧さが足りない場合などがあります。

検索キーワードに応答した文章かつ、人間が読んで解る内容であっても、Googleが理解しにくい内容では、上位表示は難しくなります。

人間は、丁寧に文章が書けてなくとも、背景が頭にある場合は内容が分かり、文章も良い文章と認識できるのです。

もちろん、SEOライティングするには、前提に良質な内容のコンテンツが必要で、良質な内容のコンテンツにもかかわらず上位表示しない際にSEOライティングは力を発揮します。

それでは、良質なコンテンツをSEOライティングする方法をお伝えします。

具体的なSEOライティングの方法

  1. キーワード調査表を事前に作成する。(Googleキーワードプランナー、Good keywordを使って)
  2. キーワード調査表を眺める。
  3. ターゲットを決定。
  4. 作成する文章と狙うキーワードを決定。
  5. タイトルにキーワードを入れる。
  6. h2、h3は、共起語かタイトルで分かりやすく説明する。
  7. ユーザーが知りたい事を出来るだけ具体的に分かりやすく書く。
  8. 主語や目的語や、背景や喩え話などをしっかりと入れてライティングをする。
  9. メインで狙うキーワードも出現するように意識する。
  10. 文字数の目安は、狙うキーワードにより異なる。十分に満足する内容かを考える。
  11. 文字数を意識するよりも、キーワードを検索する人が何を求めているのかを考えて書く。
  12. 具体的に分かりやすい情報を書く事を意識する。※文字数が増えても内容が薄いと逆効果。
  13. Webサイトのページの中で表現するためにタイトルタグやh1、h2、h3、strong(強調)タグ、blockquote(引用)タグなどを使ってGoogleのロボットに良質なコンテンツの中身を伝える。

これがSEOライティングの方法です。

但し、上記はSEOライティングになっていません。

上記の文章をSEOライティングにすると下記の様になります。

SEOライティング出来ている具体的なSEOライティングの方法

SEOライティングの具体的な方法は事前準備、具体的なSEOライティングの方法、SEO効果のでる文字数の目安についての3つです。

事前準備

  1.  SEOの為の事前調査を行いましょう。
  2. 事前に Googleキーワードプランナー、Good keywordを使ってキーワード調査表を作りましょう。(Googleキーワードプランナーでは、検索ボリューム数が分かります。検索ボリュームがあるキーワードをしっかりと選定しましょう。)
  3. 作成したSEOキーワード調査表を眺めて、ターゲットや内容のイメージを考えましょう。また、キーワード調査表は、使用できる言葉や共起語をイメージするのにも役立ちます。
  4. SEOキーワードを決定し、ターゲット、作成する文章を考えましょう。
  5. 1キーワードを狙った内容の概要を考えましょう。

具体的なSEOライティングの方法

  1. タイトルにキーワードを入れてライティングする。
  2. h2、h3は、共起語かタイトルで分かりやすく説明する。
  3. ユーザーが知りたい事を出来るだけ具体的に分かりやすく書く。
  4. メインで狙うキーワードも出現するように意識する。
  5. SEO効果のでる文字数の目安について

文字数の目安は、狙うキーワードにより異なる。十分に満足する内容かを考える。

  1. 文字数を意識するよりも、キーワードを検索する人が何を求めているのかを考えて書く。
  2. 具体的に分かりやすい情報を書く事を意識する。※文字数が増えても内容が薄いと逆効果になります。

SEOの基本は、ユーザーが満足する事です。SEOライティングとは、検索しているユーザーを満足させるライティングを行う事です。魅力的な文章は、被リンクも獲得できSEOに素晴らしい効果を発揮します。

まとめ

単にライティングしている文書とSEOライティングしている文章の違いはお分かり頂けたでしょうか。

「具体的なSEOライティングの方法」、「SEOライティング出来ている具体的なSEOライティングの方法」まずはタイトルが違います。内容に関しても同じことを伝えていますが、「具体的なSEOライティングの方法」に関してはある程度背景が分かっていないと理解が難しいと思います。

「SEOライティング出来ている具体的なSEOライティングの方法」は、背景が分からなくても分かりやすく書いています。(まだ、情報不足感はありますが、サンプルということで)

他の見方で言うと「SEOライティング出来ている具体的なSEOライティングの方法」は、途中から読んでも分かりやすいということが言えます。

もっと詳しくSEOライティングを学ぶなら、私達のセミナーや研修にご参加ください。

オススメの情報コンテンツは、沈黙のWebライティングです。こちらもライティングを学ぶことができます。

SEOライティングの研修の料金はこちらのページで

バリューエージェントのコンテンツSEO対策サービス

コンテンツSEO

御社へ電話で取材をしてオリジナリティのあるコンテンツを作成するコンテンツSEOサービスです。ロングテールSEOを狙うことで長期的にアクセスアップに繋がるSEO対策を行います。

Pocket
LINEで送る