キャッチコピーのような記事タイトルの作り方|”意識なくクリックしてた”を増やす

魅力的な記事タイトルの作り方

記事を公開する時、「キャッチーなタイトルで目を止まらせ、どのWEBサイトよりもクリックしてほしい」そう思いませんか?

今まさにこの記事のリード文を書いている段階で私もそう考えています。

実際にタイトルを作る時って、ありきたりなタイトルしか出てこなくて、どれもゴミタイトルに思えてくる!なんてこともよくあります。

ちなみに、ほとんどのユーザーはタイトルをクリックする時は無意識にクリックしているのはご存知ですか?

実は人間って脳の5%しか使えていないと言われており、味覚・触覚・嗅覚・視覚など色々ありますが、人間は視覚情報だけであっても全てを処理していると脳みそが爆発するらしいです!

だから記事タイトルを見るときも、「これよさそうじゃない?」みたいに思考はあまり働いていない。なんなら深く認識していないのです。

現に今、この記事をお読みのアナタも、このタイトルを何故クリックした?と聞いても「実は出てくる理由は後付け」で、本当は明確な理由なんてなく「なんとなく」が多いのではないでしょうか?

この記事では、その今まさに起きている「なんとなくクリックしてしまった」を引き出すためのキャッチ―なタイトルの作り方をご説明します。

キャッチコピーと記事タイトルは違うもの

違うもの

キャッチコピーは、「商品や作品、人物や企業等を魅力的に見せるもの」で、記事タイトルは、「その記事の内容を要約して伝えるもの」です。

もう少し具体的に知っていただくために、キャッチコピーとタイトルの役割について詳しくご説明します。

キャッチコピーの役割

キャッチコピーは、主に興味付けをすることを目的としてつけるものです。

例えば、基礎化粧品ひとつをとっても「蘇る10年前の肌ツヤ」「すっぴん素肌」「水を巡らせる力」などなど色々あります。

ただ、記事タイトルが「水を巡らせる力」だと、一体何の記事なのか意味不明になってしまいます。

また記事タイトルのキャッチコピーを入れてしまうと文字数を無駄に使ってしまい、キーワードも入れられなくなる可能性もあります。

結局のところ、商品+キャッチコピーが結びついて脳内補完された映像によりポジティブなイメージを持ち興味を持つみたいな流れが考えられますよね!

だからこそ、キャッチコピーは、モノ・サービス・情報が明確になっている場合にのみ、興味を引く効果を発揮します。

記事タイトルの役割

記事タイトルは、主にその記事の内容の要約です。また、「アナタにとって必要な情報がこの記事に入ってますよ!とアピールするもの」でもあります。

最近は、WEB上の情報が過多になりつつあり、似たりよったりな情報が増えてきています。

だからこそ、自分の記事にはこんな情報が入ってるよ!と興味をひきつつ記事内容をアピールしますよね!

しかし、ユーザーの興味を引くためのタイトル付けに寄りすぎると、次は記事内容がわからなくなるといったデメリットもあります。

あくまでも記事タイトルは、この記事にはこんな情報が入ってますよ!とユーザーに伝えるものでしかありません。

キャッチコピーに不要でタイトルに必須なものがある

検索エンジン上で上位表示をするために最も重要なのは「キーワード」です。

ただし、キャッチコピーはキーワードを入れなくても作れます。

検索エンジンで上位表示するために、検索意図を満たすというミッションは絶対です。そのキーワードから出てくる検索意図なので、本来記事内容を要約するならキーワードが勝手にはいってくるはずです。

もし、タイトルにキーワードが入らないのであれば、検索ニーズを満たせていない!もしくは検索意図を間違えて分析してしまっている可能性があります。

100%とまでは言えませんが、基本的に狙うキーワードはタイトル内にはいってくるものです。

むしろ、キーワードを入れずに検索順位が上げるのは難しいので、絶対に外してはいけないものとも言えますね!

キャッチコピー的タイトルを作る手順

手順

キャッチコピーと記事タイトルは全く違うものですが、目を引くタイトルを作ることはできます。

ちなみに、目を引くタイトルの作り方のコツとして代表的なのが、検索ユーザーが「自分の事だ!感じる(自分ごと化)」「期待」「裏切り」「驚き」のあるタイトルです。

今まさにこの記事をお読みいただいている方は、そんな事知ってる!でもそこがなかなか出てこないからお悩みなわけですよね。

ただご安心ください。

ここから説明する手順でタイトルを作成すれば、複数パターンのタイトル案を作成できるようになり、魅力的なタイトルを作成できるようになります。

それではみていきましょう。

手順1:ペルソナの検索意図を解決する記事を書き上げる

まず、最初にするのは記事を書き上げることです!

ほとんどの方がSEOライティングにより上位表示を狙った記事にされると思います。

検索意図を洗いだし、見出し構成の作成、そしてストーリ設計まで行って、検索意図を満たした記事を作成して、検索ユーザーに役立つ品質の高い記事となるよう意識されるでしょう。

ただ、タイトルを最初に考えてしまうと、内容が絶対にブレるのでやめておきましょう!

たまに仮タイトルつけてから記事を書いたほうが良いという人も見かけますが、タイトルに引っ張られて検索意図を満たせなくなったら元も子もないので、私はおすすめしません。

方向性を示すだけの仮タイトルならありですが、このタイトルは確実に変わるものなので、タイトルは原則あとから付けるものとしておきましょう!

リード文も記事が書き終わった後!

リード文もタイトル同様に、最初につけてしまうと良質な記事が作れなくなる可能性があります。

というのも、記事をかきあげていく中で、当初想定していた内容やストーリーから変えることがあります。

もしリード分で結論や方向性、ユーザーの興味付部分を決めてしまっていると、その内容に引っ張られてしまって、解消しなければならない検索意図を解消してあげることができなくなる場合があります。

その結果、どれだけ魅力的なリード分を作成しても、良質な記事がかけなかったがために、そもそも上位表示できない記事になってしまうことがあります。

だからこそ、タイトル同様に記事を書き終わってからつけるのが望ましいです。

手順2:ペルソナの「感情揺さぶり要素」をリスト化する

ある意味ここから本題ですね!

キャッチーなタイトルをつけるには、「不安・悩み・勘違い・驚き・解決・ベネフィット」といった、検索ユーザーが反応しやすいものを見つける事からスタートです!

下記のようにリストアップできればもう困ることはありません。

例として、「ポケットWiFi 乗換え」で検索するユーザー向けの記事を書いた想定で解説します。

要素リストアップ
読む前の不安・今より速度が遅くならないか?
・今より高くなったらどうしよう
読む前の悩み・今使っているものが毎月5,000円もかかっているけど、速度も遅いしデータ容量も少ないしコスパが悪くて不満
読む前の勘違い・解約する手間ってめんどう
・解約すると使えない期間がありそう
・超おとくなキャッシュバックがあるかも
読んで驚くポイント・内容・今より2,000円も安くなる
・通信速度が2倍になる
・データ容量が2倍になる
解決したこと・今よりコスパの良い1台がみつかった
解決したことで得たベネフィット・乗り換えた後は料金を気にすることなく快適にネットでストレスフリーな自分
裏切られたと感じる内容・お得そうに見える◯◯のポケットWiFiの裏側は超高い
読んだ後に出る疑問・お得なものはこれだよね!でも口コミってどうなんだろう?
・どこでも申込みするとお得なんだろう?
例)ポケットWiFiを安くするために乗換え検討している人向けの記事

他にもユーザーの感情を揺さぶる部分は、恐怖・願望など色々ありますが、記事とかけ離れたものまで出てくるので、まず上記をリストアップしましょう。

今の記事内容にないものをいれても、結局結果につながらないので、今あるものから膨らますのが一番です。

手順3:感情が揺さぶられる理由と願望をリスト化する

感情が揺さぶられる要素として、リストアップしたポイントや内容は、そもそもなぜ感情が揺さぶられるのか?を書いてみましょう!

要素リストアップ理由願望
読む前の不安・今より速度が遅くならないか?
・今より高くなったらどうしよう
今使っているポケットWiFiでも動画が止まることがあるんだけ、今以上に遅くなるのは困ると考えている。
…etc
夜でも動画をサクサク止まらず視聴できると嬉しい!
…etc
読む前の悩み・今使っているものが毎月5,000円もかかっているけど、速度も遅いしデータ容量も少ないしコスパが悪くて不満速い・安い・データ容量多いポケットWiFiを探している。…etcもっと動画がみたい!
…etc
読む前の勘違い・解約する手間ってめんどう
・解約すると使えない期間がありそう
・超おとくなキャッシュバックがあるかも
解約するときのコールセンターがすごく待たせる印象がある
…etc
スパッと簡単に解約手続きできて、お得なポケットWiFiに乗り換えたい
…etc
読んで驚くポイント・内容・今より2,000円も安くなる
・速度が2倍になる
・データ容量が2倍になる
毎月5,000円するものだと思ってた等の勘違い。
速度制限がもっと厳しいと思ってた等の勘違い
…etc
これで余ったお金で月1回多めに飲みに行けるかも!
休みの日に動画をたくさんみれるかも!
解決したこと・今よりコスパの良い1台がみつかった今のポケットWiFiが高いから。どうせなら通信速度もデータ容量も今よリ良くなるといいな
解決したことで得たベネフィット・乗り換えた後は料金を気にすることなく快適ネットでストレスフリーな自分今は料金も気になるし、速度も遅くてストレスになってたからどんなコンテンツも気にせず楽しめる!
裏切られたと感じる内容・お得そうに見える◯◯のポケットWiFiの裏側は超高い他のWEBサイトで安い安いと言ってたから。ここまできたら損はしたくない!絶対にやすく使いたい。
読んだ後に出る疑問・お得なものはこれだよね!でも口コミってどうなんだろう?
・どこでも申込みするとお得なんだろう?
結局本当にこれでいいのか不安だから。多くの人が平均して良さそうな口コミをしているならすごく良さそうに思いから。
例)ポケットWiFiを安くするために乗換え検討している人向けの記事

この表で例えるなら、読む前の不安でリストアップした内容が想定される理由は、「現状でも満足してないのに更に悪いものになったら困ってしまう。」というシンプルなものですよね。

そして願望は「現在よりも通信速度が早いポケットWiFiを手に入れて、今より快適な通信環境にしたい」ということですね。

更にペルソナが明確であれば、「ポケットWiFiを安くした結果で得たい願望、彼女とデート代を豪華にしたい!趣味にもう少しお金を使えるようにしたい。」まで発展できてしまいます。

検索意図を調査して記事を書いているはずなので、ペルソナにあわあせて深い情報が出てくるはずですよね!

もし出てこなければ、記事内容を見直したほうがいいです。おそらくユーザーが読んでも理解できない内容になっていたり、魅力的な記事になっていなかったりします。

できる限り具体的にだしてみましょう!

手順4:感情揺さぶる要素となる理由や願望を単語・キーワード化する

リストアップした、悩み・不安・解決したこと・ベネフィットなどの理由と願望をキーワード化してみましょう!

例えば、「現在よりも通信速度が早いポケットWiFiを手に入れて、今より快適な通信環境にしたい」をキーワード可すると、「高速通信」「光回線なみ」「4K動画も止まらずサクサク」みたいな言葉がでてきますよね。

この文章を一言で表す言葉がキーワードでもあります。できる限りたくさん出しておくと後が楽になります。

キーワードの類義語も出そう

例えば「高速」の類義語は下記になります。

weblioで検索して表示された「高速で」の類義語
転載:weblio類義語辞典「高速で」より

画像左側の列「意義素」が全く違う意図を持った類義語は見ないで大丈夫です。

ひとまず意義素がマッチしているものの類義語からよさそうなものをピックアップしましょう。

高速の類義語で関連が強そうなものであれば、「即」「神速」「瞬時に」「パッと」「ハイスピードで」「サッと」など色々あります。

ある程度、記事内容をまとめる際の言葉のボキャブラリーがあがってくると、マッチする組み合わせがみえてきやすいです。

手順5:SEOキーワード+理由・願望キーワードを掛け合わせる

タイトルで最も重要なのはSEOキーワードです。

SEOキーワードを入れられなかったら、その記事は上位表示しない!ぐらいに重要だと意識してもいいぐらいです。

だからこそ、SEOキーワードを主軸に置き、追加で理由や願望キーワードを掛け合わせたタイトル案を作るのが大切です。

タイトルが魅力的でなかったら、クリックされる数が少ないので、記事内容がどれだけ良くても意味がありません。また上位表示されなかったら、どれだけ魅力的なタイトルにしても、検索ユーザーの目に留まることはありません。

では、先ほどでも使った「ポケットWiFi 乗換え」で狙う記事を例に説明します。

重要なキーワード感情を揺さぶるワード
・ポケットWiFi
・乗換え
・激安
・神速
・瞬時に
・パッと
・ハイスピードで
・サッと
・オトク
・簡単
・3つの手順
・●万円安くなる
・プレステ5が無料
・Nintendo Switchが無料
・ディズニーランド無料
・温泉無料
・手引き
・流れ
・手順
・1年無料
・3分で分かる
・選び方
・プロバイダ
・業者
・無料解約
・違約金無料
等々
例)「ポケットWiFi 乗換え」で狙う記事

こんな感じでリストアップすると、タイトル作成はパズルを組み合わせるような作業になります。

  • 【3分で分かる】ポケットWiFiを乗換える3つの手順|今より◯万円安くできるプロバイダ
  • ポケットWiFiを◯万円安くする乗換え方|通信速度も神速にするプロバイダの選び方
  • ポケットWiFiを乗換えでプレステ5が無料で手に入る!?パッと簡単にわかる激安&神速プロバイダの選び方

等々。

文字数が多くなってもいいので、とりあえず色々組み合わせてつくってみましょう。

文字数は後からいくらでも調整できます!

手順6:競合サイトにない言葉を選ぶ

競合サイトと全く違うタイトルにしましょう。

狙っているキーワードで上位表示している競合サイトと、似たようなタイトルだと「この内容もう見たやつと同じそうだからいいや」と見てもらえないかもしれません。

一番魅力的だ!と感じてもらえる競合にないタイトルを付けるのが大切です。

ちなみに、「ポケットWiFi 乗換え」で検索してみた際の結果は下記画像の通りです。

「ポケットWiFi 乗換え」で検索したときの検索結果
「ポケットWiFi 乗換え」で検索したときの検索結果

上位サイトはまったくタイトルが違いますよね。

ここでSEOライティングに詳しい人は、「全ての記事が意図が違うし、狙っているキーワード違うよね?」と感じるかと思いますが、実際その通りです。

1位:乗換え手順と比較で安くなる会社、どこを選べばいいか分かりそう
2位:乗換えを失敗するの怖いから役に立ちそう
3位:今乗換えすると確かに違約金掛かるからオトクそう
4位:安く解約できて乗換えできそう

何なら同じ乗換えという行動を意図していても、細かい検索意図が少しづつ違うので、ペルソナがそれぞれ違います。

ただ共通する部分は見受けられます。それは解約時の不安です。

・【3分で分かる】ポケットWiFiを乗換える3つの手順|今より◯万円安くできるプロバイダ

・ポケットWiFiを◯万円安くする乗換え方|通信速度も神速にするプロバイダの選び方

・ポケットWiFiを乗換えでプレステ5が無料で手に入る!?パッと簡単にわかる激安&神速プロバイダの選び方

魅力的に感じるタイトルは、今考えている不安や願望をかなえてくれそうだ!解決・叶えてくれそうだと感じられるものであるはずです。

では先ほど簡単に組み合わせて作成したタイトル例に、解約要素をいれつつ魅力的になるよう改良しましょう。

改良後

・「ポケットWiFiを解約金0円で乗換る手順!◯年間で◯万円安くできるプロバイダ」
・「ポケットWiFiの解約金負担なく乗換える◯つの手順」
・「解約金負担0円!ポケットWiFi乗換えで選ぶべきプロバイダ」
・「最新ポケットWiFiに無料で乗換える◯つの手順!」
等々…

 

解約に対する不安を徹底的に解消できるようなタイトルにしつつ、他の記事にはない要素を演出できれば、それだけで魅力的なタイトルになるわけです。

キャッチコピー的なワードを意識する必要はなく、検索意図をしっかりと解決できる!と感覚的にわかってもらえることが一番重要ということです。

キャッチコピー的な記事タイトル例

記事タイトルのサンプル

タイトル決めで悩んだ人向けに、いくつか興味付けしやすい記事タイトル例を紹介します。

数字を活用したタイトル例

  • 【3分で完成】キャッチなタイトルを作る方法
  • クリック率100%UP!キャッチコピー的タイトルの作り方
  • タイトルのキャッチコピー化が捗るツール3選
  • もう悩まない!成果がでるキャッチコピー的タイトルの4つの型

現実的で明確な数字が入っているタイトルは、読んだ時に得られるベネフィットが簡単に判断しやすいです。

否定から入るタイトル例

  • キャッチーなタイトルはもう反応が取れない
  • キャッチは考えるな!魅力的なタイトル作成のコツ
  • 騙されるな!キャッチコピー的タイトルをおすすめできない◯つの理由

思っていたことと違う主張をしているタイトルは、無意識化で反論したくなったり、不安をしたくないという思考を誘うことができるので、割とクリック率が上がりやすいです。

ただし、主張内容をシッカリと早めに説明できていなければ、すぐ離脱される可能性もあるので諸刃の剣といえるタイトルです。

なりたい未来を活用したタイトル例

  • 1位よりクリックされる!キャッチコピー的タイトルの作成術
  • 3倍売れるキャッチコピー的タイトルの作り方
  • クリック率50%超!キャッチコピー的タイトルの作り方

なりたい未来を活用したタイトルにすることで、検索ユーザーはポジティブな期待を持って記事を読みすすめます。

もちろん、「ほんとかよ?」と否定的な考え方のもとクリックするユーザーも増えます

最も基本的なタイトルのつけ方といっても過言ではありません。

途中止め・穴埋めタイトル例

  • キャッチコピー的タイトルは◯◯で決まる
  • 記事タイトルをキャッチコピー化した結果…
  • クリック率3倍に!キャッチコピーをやめてタイトルに◯◯を入れた結果

LPでよくみるタイトルですが、記事タイトルにするのはあまりおすすめできません。

競合がすごく弱かったりする場合や事例を出す際には有効ですが、競合がSEO上強いところで活用すると、キーワードを入れられる数が減るので、結局SEOで上がらないといったリスクを負うことになります。

占い師的タイトル例

  • ありきたりなキャッチコピー使ってませんか?魅力的なタイトルの作り方
  • 検索意図からキャッチコピー的タイトルを作ろうとしてない?見落としがちなタイトル作成のコツ
  • その記事タイトル既にありませんか?キャッチコピーを活用したタイトル作成術

このタイトルの作り方は非常に効果がありますが、顕在化された検索意図より潜在的な検索意図を深堀できていないと刺さらないタイトルになりやすいです。

できる限り、明確なペルソナが取りそうな行動や思考をベースにする必要があります。

ポケットWiFiを乗換得ようとしているユーザーであれば、今より安くなるプロバイダを探しがちで、今の料金との比較をしがちです。

ただこの行動だと、解約金本当にかからないのか?最安値を狙ったのに高額になる場合があるといったマイナスの未来が考えられます。

そのマイナスな未来となってしまう行動を基準にしか、占い師的なタイトルづくりができないです。

これは上級者向けなので、慣れてくるまで手を出さないほうがいいかもしれません。

まとめ

キャッチコピーとタイトルを共存させることは可能です!

ただし、そもそも記事はSEO的に上位表示されなければ意味がないので、魅力的な言葉を入れるより、SEOキーワードを入れるほうが重要です。

そして、キャッチーなタイトルを作るためには、SEOキーワードを含めつつ、検索ユーザー(ペルソナ)の期待を満たせて、競合サイトにはない主張をすることが重要です。

他のサイトにない情報があり、自分に関連することであれば、勝手に意識がいくものなので、見栄えが良い言葉選びをする必要も実はありません。

また記事は、タイトルをクリックされてからも重要です。タイトルをクリックした後に出てくるのが記事のリード文です。

魅力的なタイトルが作れたとしても、リード文がダメだと離脱されるので、しっかりと魅力的なリード文を作成しましょう。

どうやったらいいのか 無料相談 いたします

バリューエージェントのWebマーケティングは、まずあなたのやりたいことを整理して、何をどのようにすれば良いのかをお伝えします。

どこに頼んだら良いのかわからない、何をして良いのかわからないかたは、無料相談をご利用ください。

詳細はこちら