Pocket
LINEで送る

この章は、第2弾のターゲットを絞り込むと合わせて読むとより、参考にして頂けると思います。

ターゲットを絞る重要性

ランディングページやホームページを制作する際にターゲットは誰ですかと聞くと、20代〜40代の女性や20代〜50代の男性などと広いターゲットを返答されることがほとんどです。

実際の顧客はもちろん、様々なお客様がいるので実際の所ターゲットは絞れないと言う話になることがあります。

実際のターゲットは広くても問題ないのですが、ランディングページを制作する際は、やはりターゲットを絞ります。

理由は、しぼらないと訴求できる文章やデザインを作る事が難しいからです。

仕上がったものが、結果的に多くの人に訴求出来る事はよくあります。

しかし、制作の段階では、ターゲットが絞れていない場合、何となく良いけど、誰にも訴求出来ない物になる場合があります。

特に中小企業や無名の会社、ブランド力がない商品、ブランド力がないサービスを訴求する場合は、なんとなく皆がいいねと言っても売れないと言う現実が待っています。

この人には、必要ないが、この人には必要だというような商品の方がブランド力が無い場合は売れます。

なので、ターゲットを絞って下さい。

2つのターゲットに向けてメッセージを伝えたい場合は、2つ作れば良いのです。

ランディングページとは、そういう物です。

もちろん、商品の単価や粗利、LTV(リピートを含めた顧客の単価)にもよりますが、新規顧客獲得の場合、ランディングページの問い合わせ率は1%〜2%程度あればまず合格点だと思います。

ということは、50人〜100人のうち1人がアクション(問い合わせ)を行えば良いので、アクションする人に徹底にターゲットを絞ってランディングページを制作して下さい。

また、ホームページ見ている中で動いてくれる理想の顧客をターゲットとしましょう。

ペルソナの設計を行うと良いランディングページができる

ペルソナとは、ターゲットを1人に絞る事を言います。

その1人の年齢、職業、趣味、思考、家族構成、年収、好きな色などを考えることをペルソナを設計するといいます。

1人に絞る事によって、ライティングやデザインが行いやすくなり、ランディングページの制作に迷いも無くなるでしょう。

そういっても1人に絞る事に抵抗がある方も多くいると思いますが、ペルソナを2つ作って、2枚のランディングページを作成して、どちらが反応取れるかテストしましょう。

もちろん、自分で作ったランディングページは、思い通りの結果が出ているのなら、自己流で制作しても全く問題ありません。

ターゲットを絞らずに作った際に、イマイチ良い反応が取れない方や制作会社が自分の思い通りにランディングページを作ってくれないとお嘆きのweb担当者や社長は、是非、ペルソナ設計から入って制作を行いましょう。

ランディングページ制作サービスのページはこちら

ランディングページ制作についてのブログ

第1章 ランディングページ作成で大切なセールスライティングの為のリサーチ

第2章 ランディングページ作成で最も重要なターゲットを絞りこむ方法

第3章 ランディングページ作成で大切なこと〜買いたくなる理由を考える

第4章 ランディングページのアイデア(ストーリー)を考える

第5章 ランディングページ制作で大切なこと〜キャッチコピー、ヘッドラインを作る方法

第6章 魅力的なランディングページができる〜ランディングページ12の構成

第7章 ランディングページにおけるターゲットの重要性〜ランディングページ制作で大切な事

第8章 ランディングページ運用で大切な事

バリューエージェントのランディングページ制作サービス

ランディングページ制作

徹底したマーケティング調査で広告によってアクセスしてきたユーザーを確実に売上につなげる売るためのランディングページを作成するサービスです。

Pocket
LINEで送る