Pocket
LINEで送る

ランディングページ制作で大切な事第5弾、キャッチコピー、ヘッドラインの作る方法です。この章では、キャッチコピーの作り方をお伝えします。

第1章 ランディングページ作成で大切なセールスライティングの為のリサーチ

第2章 ランディングページ作成で最も重要なターゲットを絞りこむ方法

第3章 ランディングページ作成で大切なこと〜買いたくなる理由を考える

第4章 ランディングページのアイデア(ストーリー)を考える

第5章 ランディングページ制作で大切なこと〜キャッチコピー、ヘッドラインを作る方法

第6章 魅力的なランディングページができる〜ランディングページ12の構成

第7章 ランディングページにおけるターゲットの重要性〜ランディングページ制作で大切な事

第8章 ランディングページ運用で大切なこと

キャッチコピーの目的

まず、最初にキャッチコピーの目的ですが、ランディングページを見てもらうことが目的です。

ホームページを検索しているユーザーは、キーワードを入力する。

ホームページをクリックする。

そして、読むか読まないかをファーストビューで判断するので、本文を読んでもらう、ページをスクロールして見てもらえるようにしないといけません。

読んでもらうのが目的だと言うことを頭に入れておきましょう。

 キャッチコピーを書いた後に、その後の展開を読みたくなるか、読んでみようとなるのかを考えて作り、チェックして下さい。

キャッチコピー、ヘッドラインの作る方法

キャッチコピーは、アイデアを反映することが非常に多いです。

その為、アイデアをたくさん出しておくとこは非常に大切です。

ベネフィットが入っていると読みたくなる可能性があります。

ただし、ベネフィットよりも読みたくなるかを重要視して下さい。

とにかくキャッチコピーを書き出して下さい。

30個〜50個程度出してみましょう。

また、なかなかキャッチコピーのアイデアがでない場合は、リサーチでだしたベネフィットを見たり、ランディングページで顧客獲得している有名な会社を参考にしましょう。その際に気をつけることは、同業を参考にするとパクリになります。

同業以外の良いキャッチコピーを自分の業界に使えないかを考えて下さい。(もちろん、同業が参考になる場合もありますが)

大げさすぎるキャッチコピーにならないように気をつけましょう。

売りをどうしても出したい時は、具体的な数字や実績を出しましょう。

形容詞だらけの大げさなキャッチコピーは、うさんくさくなります。

例えば、「凄い売上が上がるランディングページ制作!驚異的な実績!どんな業種にも対応できます。」よりも

「リフォーム業界の平均コンバージョン改善率156%!リフォーム業界のランディングページ制作の5つのポイント」

の方が具体的で引き込まれる可能性があります。

キャッチコピーの周りには、経歴や実績、信頼のある言葉を書いていきましょう。

ファーストビューにお客さんの欲しい情報があるのかも大切です。

キャッチコピーの周りとPCで見えるファーストビューは、顧客が望んでいる情報がこのページにはあると言うことを分かって頂けるようにしましょう。

それでは、ランディングページ制作用のキャチッコピーを30個以上上げて下さい!

ランディングページ制作をお願いするなら

 

 

バリューエージェントのランディングページ制作サービス

ランディングページ制作

徹底したマーケティング調査で広告によってアクセスしてきたユーザーを確実に売上につなげる売るためのランディングページを作成するサービスです。

Pocket
LINEで送る