Pocket
LINEで送る

ランディングページ制作で大切な事シリーズ第2章のターゲットを絞り込む方法です。

Webサイト作る際は、ターゲティングが非常に大切だと言われますが、ランディングページにおいてはターゲティングが明確で無いと何のために作るのか意味がなくなります。そのためにターゲットを絞り込む方法をぜひ、手に入れてください。

第1章 ランディングページ作成で大切なセールスライティングの為のリサーチ

第2章 ランディングページ作成で最も重要なターゲットを絞りこむ方法

第3章 ランディングページ作成で大切なこと〜買いたくなる理由を考える

第4章 ランディングページのアイデア(ストーリー)を考える

第5章 ランディングページ制作で大切なこと〜キャッチコピー、ヘッドラインを作る方法

第6章 魅力的なランディングページができる〜ランディングページ12の構成

第7章 ランディングページにおけるターゲットの重要性〜ランディングページ制作で大切な事

第8章 ランディングページ運用で大切な事

この章は、第7章ランディングページ制作におけるターゲットの重要性とあわせとご覧下さい。

ターゲットを絞り込む

相手の反応を見ながら、相手の心に届く話をするのではないので、ターゲットを絞り込まないと文章自体があっちに行ったり、こっちに行ったりします。

たった1人にターゲットを絞り込む事をペルソナと言います。

ランディングページを作る際は、このペルソナを決定しましょう。

たった1人にターゲットを絞り込むなんて、うちの商品は、こんな方やこんな方にも買って頂くので絞り込めませんと言う声が聞こえてきそうですが、違うターゲットには、違うランディングページを用意して下さい。

(新規客とリピーターのランディングページも分ける方がよいでしょう。求めている情報が違うからです。)

新規顧客に向けたランディングページのコンバージョンレート(問い合わせ率)は1%〜2%、3%あれば大成功だと思います。

興味あるキーワードで探して来た、100人のなかで1人〜3人が確実に自社の商品に引きつけられれば良いのです。

とはいえ、ランディングページを作る為にターゲットを絞るのであって、実はみんなに気にいって貰うようなランディングページよりもターゲットを絞ったランディングページの方が様々な方から問い合わせが来ます。

例えば、この情報記事は、記事ごとにターゲットが違います。基本的には、中小企業の社長で、40歳、webでの集客に興味を持つ人、但し、自分では実際の作業は行わないが、知識がないと人に頼んでも良いものが作れないと思っている、持っている知識は、webマーケティングの言葉を知っている程度です。webマーケティング会社やホームページ制作会社、ネット広告代理店の営業から聞いた話で知識が構成されているような方でホームページからの集客が出来る事は知っているが、今ひとつ上手く行っていないある人がターゲットになっています。

このようにターゲット絞ると文章も非常に書きやすくなります。

ターゲットを絞っても、問い合わせをくれる方は、webの担当者で、ネットで新しい知識を身につけようと言う方だったり、社長に言われてwebマーケティングを勉強中の方や代理店の営業担当方がパートナーにと問い合わせをくれる事もあります。

ターゲットを絞り込んだ方が、そのターゲットに近しいユーザーが共感する文章を作る事が出来ます。

それでは、どんな風にターゲットを絞り込んだら良いでしょうか?

ターゲットの絞り込み方

ここは、特別難しい事は考えないで下さい。

自社に取って最も良い顧客を考えれば良いのです。

もちろん、webからの集客をする際で結構です。

私たちがwebでのターゲットは、webからの集客に関して関心がある社長です。

先ほど話した事以外でいうと、勉強熱心で上昇意識が強い方がターゲットになります。

決して大手企業の担当者でも(問い合わせはウエルカムです)ありませんし、webのデザイナーでもありませんし、アフェリエイターの方でもありません。

そのような方がこの記事を読むと少し、物足りなく感じるかもしれません。

しかし、私のターゲットしている方にお役に立てるような記事を書く事は、出来ていると思っています。

もちろん、弊社が運用しているランディングページやホームページも基本的には、上記の方をターゲットとしています。

(正確には、サービスによってターゲットを変えています。)

ターゲットを絞ることは、ランディングページの最適化に留まらず、webマーケティングいや、マーケティング戦略を考える為にも必要なことです。

特にランディングページ制作は、1ページで訴求すると言う所がポイントになるので1人のターゲットに絞ってコピーライティングを行い、デザインをして行きましょう。

それでも、ターゲットを絞るのが難しいと思う方は、絞らずに一度文章を書いてみて下さい。

あれも、これも言いたいとなって、文章がめちゃくちゃになると思います。

100聞は1見にしかず、ライターになる訳でもなくても一度試しにやってみて下さい。

売れるランディングページ制作

バリューエージェントのランディングページ制作サービス

ランディングページ制作

徹底したマーケティング調査で広告によってアクセスしてきたユーザーを確実に売上につなげる売るためのランディングページを作成するサービスです。

Pocket
LINEで送る