Pocket
LINEで送る

ランディングページ制作で大切な事シリーズ第3弾ランディングページ制作で大切な事〜ユーザーが買いたくなる理由を考えるです。

第1弾 ランディングページ作成で大切な事〜コピーライティングの為のリサーチ

第2弾 ランディングページ作成で大切な事〜ターゲットを絞りこむ

第3弾 ランディングページ制作で大切なこと〜買いたくなる理由を考える

第4弾 ランディングページ制作で大切なこと〜アイデアを考える

第5弾 ランディングページ制作で大切なこと〜キャッチコピー、ヘッドラインを作る方法

第6弾 魅力的なランディングページ制作ができる〜ランディングページ12の構成

第7弾 ランディングページ制作におけるターゲットの重要性〜ランディングページ制作で大切な事

第8弾 ランディングページ運用で大切な事

買いたくなる理由を考える

この章では人が物を買いたくなる理由を考えます。

ランディングページ制作だけでなく、webマーケティング戦略を考える際にも必要な要素です。

人は基本的には、理論や理屈で物を買うのではありません。

買いたいと言う感情が湧き出て来た時に購入します。

凄腕と言われる営業マンや販売員は、強引に商品を売るのではありません。

お客さんが買いたくなるから売れるのです。

ランディングページ制作は、商品を売るのではなく、売れるようにします。

ランディングページ制作というのは、その1ページの中でいかに買いたい気持ちにさせるかがポイントとなります。

あなたが買いたくなる時は、どんな時でしょうか?

ネットで思わず購入まで進む時は、どんなときでしょうか?

デパートで思わず物を買う時は、どんなときでしょうか?

それは、欲しいと言う欲求が出た時です。

また、欲しいと言う欲求がでて、そのランディングページから購入するには、その欲求を満たすことが必要です。

あなたのランディングページは欲しいという、欲求を満たせれているでしょうか?

その理由を3つ上げます。

1、自分が買う理由がある。

2、このランディングページ(あなた)から買う理由がある。

3、今買う理由がある。

この3つがポイントとなります。この3つをどのように伝える事が出来るのかがポイントです。

ポイントは、自分にとってメリットが有る。利点がある。満たしてくれるということが明確に分かった時です。

営業や販売員から買う時に、そうそうそれ!だから欲しかったのよ。となる時です。

それは、ベネフィトに引きつけられた時です。

ベネフィットは、別の章で詳細を記入しますが、ターゲットにささるベネフィットが必要です。

簡単にいうとお客様とする約束です。

「あなたがこの商品を手に入れる事によって、これが手に入ると約束出来ます。」ということです。

あなたが約束する事は、なんでしょうか?

しかし、いくら約束をうたっても信じられないと人は行動しません。

ベネフィットを書くだけなら簡単ですが、その内容を信じてもらえるかこれが大切です。

約束を信じられた時に人は、購入します。

人というのは、信じていない時は動きません(購入しません)

悩むと動きません(購入しません)

人は100%信頼できない大きな約束より、100%信用できる小さな約束の方が人が動きます。

信用出来る事で人は、動くのです。

信用出来るように証拠を見せる必要があります。

あなたのランディングページを見た時に、欲しくなるか?また、信用出来る要素がのっているのかをチェックして下さい。

信頼出来る理由をしっかりとランディングページに明記しましょう。

よくある信頼出来る理由。

・顧客の声

・社会的な証明(テレビやメディアへの露出)

・納得性の有るデータや理論

・実績

・保証

などなどです。

具体的な数字などがあれば信頼度は増します。

伝えているベネフィット(価値)が本当かどうかと言う事をランディングページ内で証明しましょう。

上記のベネフィットの打ち出しと証明は、次のこのランディングページから買う理由にも関連します。

このランディングページから買う理由で、

一番良いのは、ここでしか売っていないです。

ベネフィットが刺さり、信用が出来て、ここでしか売ってないと買いますよね。

ただし、ほとんど企業がどこかで売っているものを売っています。

だから、他社とは違う訴求ポイントを作る事が必要です。

一番安いなども訴求ポイント一つですが、訴求ポイントは、他にも有ります。

サービスや顧客が求めていることで違いをだせます。

どこでも売っていて、サービスや実績が同じなら安い所で買いたくなります。

その場合は安さがポイントです。

ネットの世界では、これをポイントにしている企業はたくさんあります。

しかし、市場は安さを求めている人ばかりではありません。

例えば、コンビニって安いですか?

近くて、便利だから買います。

例えば、お気に入りの店は一番安いですか?(その場合も有るでしょうが)

人が気に入る理由は値段だけではありません。もちろん値段もここで買う大きな理由です。

あなたから(ここで)買う理由を伝えましょう。

こちらもベネフィットと証拠が必要です。

次は、何故今買うのかです。

人は今買う理由があると買います。

希少なものは売れます。

今だけしか売っていない(季節限定や地域限定など)

残り◯個(数量限定)

また、今なら特典がついている。

早割やキャンペーン商品、おまけなどです。

なければ作りましょう。

例えばUSJの年間パスポートも販売している期間は、限定しています。

飛行機の早割も期間限定商品です。

コンビニにも期間限定商品が売っています。

もちろんブランド化されたロングヒット商品も世の中にはありますが、そんな物は本当に一握りです。

スーパーも限定割引や数量限定で物を売ります。

毎年バーゲンもしています。

バーゲンの時が安いと思うのか?(それでも莫大な利益が出ています。)通常時が高いと思うのかはその人次第です。

企業は、年間通じて、利益を出す戦略を考えます。

大企業は当たり前のように、常に今買う理由を作って商品やサービスを提供しています。

ランディングページを制作する際は、今買う理由を作りにくいサービスもあるでしょう。

しかし、そこをなんとか頭を絞って、できるだけ作りましょう。

1、自分が買う理由がある。

2、このランディングページから買う理由がある。

3、今買う理由がある。

3つのポイントがランディングページ出ているかで成約率は大きく変わります。

ランディングページ制作のサービス紹介ページはこちら

バリューエージェントのランディングページ制作サービス

ランディングページ制作

徹底したマーケティング調査で広告によってアクセスしてきたユーザーを確実に売上につなげる売るためのランディングページを作成するサービスです。

Pocket
LINEで送る