Pocket
LINEで送る

先日、パソコンが壊れたためキーワードの一覧ファイルが消失し、改めてSEOキーワードを発見し直さないといけないということになったので、SEOキーワードの選定方法のブログを書くことにした。

ちょうど今実施したての実際に使える方法として紹介します。

1、Googleキーワードプランナーを使ったキーワードリストの取得方法

2、Googleサジェストを使ったキーワードリストの取得

3、サーチコンソールでキーワードの取得

他にもSEOキーワードを発見する方法はあるが、この3つで十分なコンテンツネタを作ることができるで参考にしてもらえればと思う。

1、Googleキーワードプランナーを使ったキーワードリストの取得方法

SEOで大切なことはそのコンテンツを書いてうまく行った時に十分な流入があるかどうかだ。

探している人がいない言葉は、ユーザーのニーズもないということで、せっかく上位表示しても流入数が少ないというのは、勿体ないというか無駄なことである。

そのため、検索ボリュームを調べることは必須なので、まずはGoogleキーワードプランナーを使って、検索ボリュームを調べよう。

キーワードプランナー

今回、入力した言葉は、

「seoキーワード, ホームページ制作, ホームページ運用, LPO対策, 導線改善, EFO, webサイト解析, A/Bテスト, webコンサルティング, リスティング広告, SEO対策, Webマーケティング, キーワード調査, ブログネタ, SEOコンテンツ, コンテンツネタ, webマーケティング, インディード広告, インディード広告運用」

この関連するブログを書こうと入力欄にこの語句を入力した。

それをCSVダウンロードして検索ボリュームがあり、上位表示を狙えそうなキーワードを探しだした。

キーワードリスト

 

キーワードリスト2

本来は並び替えを行い、検索数が多い順に並び変えることをお勧めするが、今回は実際に行った方法なので、そのまま載せてみた。

そこで見つけたのが黄色の枠のSEOキーワード、自社の順位を探してみても圏外だったので、このキーワードでこのブログを書くことにした。

このように関連するキーワード入れて、ダウンロードを行って並び替えを行うと有効な検索語句が見つかる。

SEO対策用のキーワードリストとして保存する場合は幾つかの検索語句を入れてダウンロードすることによって、分類すれば使えるSEOキーワードリストの出来上がりである。

この手法はSEO対策において、サイトマップを作る際にも有効であり、コンテンツを作る際にもとても有効な方法なので是非試してほしい。

2、Googleサジェストを使ったキーワードリストの取得

実は、キーワードプランナーの前にネタ探しのためにやっていた作業がある。それがGoogleのサジェストだ。

Googleサジェスト

このようにGoogleの検索窓にWebマーケティングと入力後スペースa,b,c,dと順番にアルファベットを入れて検索されている語句を見つける方法だ。

googleサジェストから検索ワードを一括でダウンロードできるツールもあるのでそちらを利用するのも良いかもしれないが、私自身は自身で手入力しながら探すのが好きである。

こちらの欠点は、見つけたキーワードがアクセスがあるのかを調べないいけないことだ。もちろんキーワードプランナーで検索ボリュームがなくとも実際に検索されているキーワードもあるので、ぜひ試してほしい。

3、サーチコンソールでキーワードの取得

今回は、使用しなかったが、私が自社サイトのブログ強化にやっているのがこの方法だ。

Googleのサーチコンソールを使って自社で上位表示可能そうでかつブログネタとして書けそうな語句を見つけることができる。

サーチコンソール キーワードの見つけ方

サーチコンソールは、検索の平均順位、インプレッション(検索ボリューム目安)も分かるのでこの中で順位がイマイチ、インプレッションそこそこ、まだコンテンツがないものはそのコンテンツを書くと中々の確率で上位表示ができる。

もちろん、ユーザーが満足するコンテンツを書くことは前提だ。

そのため、比較的上位表示できやすい、お宝キーワード探しにサーチコンソールは非常に力を発揮する。

上記であれば、「facebook広告効果」のコンテンツを作れば10以内に表示される可能性は高いと思う。平均検索順位が30.2位でインプレッションが99なので、検索順位が10位以内になれば三桁のインプレッションはあるだろう。

サーチコンソールは、既にある記事の中でコンテンツをブラッシュアップする際にも使える。現状の「facebook広告」の記事内に効果をうたえば、「facebook広告効果」でも上位表示、「facebook広告」でも現在より上位表示される可能性が高まる。

この3つのツールでブログのネタ作りも

この3つのツールを使うことによってブログのネタ作りを行うこともできる。

SEOで効果を高めるにはキーワード選びが非常に大切だ。

今回の記事でSEOキーワードを見つけるお役に立てれば幸いです。

バリューエージェントのSEO対策サービス
SEOキーワード

SEO対策(オリジナルコンテンツ&キーワード設計)

バリューエージェントのSEO対策は、外部リンクの販売などを行わない王道のSEO対策です。SEO設計を行い、内部SEOを実施し、良質なコンテンツを作成し、サイトそのものの価値を高める長期的なSEO対策になります。

Pocket
LINEで送る