2022.07.19 SEO対策

【最新版】楽天SEO対策で売上をアップさせるための方法|アルゴリズムや上位に表示されない時の対処法を解説

ブログアイキャッチ楽天市場に商品を出品し、売上の拡大を狙っている企業の方も多いと思います。

ただ、楽天にもGoogleなどの検索エンジンのようにSEOが存在します。

そのため、SEO対策をおこない、狙っていた売上を達成させるために、上位に表示させるのが重要です。

そこでこの記事では、楽天でのSEO対策について解説します。

楽天で思ったように売上が上がっていない人は、ぜひ参考にしてみてください。

楽天SEOとは?

楽天SEO

楽天SEOとは、楽天市場で特定のキーワードで検索された際に、関連性が高くかつ人気の商品が検索結果の上位に表示される仕組みです。

実際に楽天市場で「スマートフォンケース」を検索すると、以下のように表示されます。

楽天SEO④

また、楽天市場内では広告の出稿が可能です。

上記画像のように、商品タイトルの先頭に[PR]と記載されているものが広告でPRされている商品になります。

楽天市場では、広告を除いた45商品が1ページ目に掲載されます。

楽天ユーザーは1ページ内で自分の購入したい商品を見つけられる可能性が高く、2ページ目以降の商品は認知されないケースが多いです。

そのため、自社商品の認知獲得から購入に繋げるために、SEO対策が重要になります。

楽天SEOとGoogle SEOの違い・共通点

楽天SEO Google 違い

楽天SEOの対策は、根本的にはGoogleのSEOと同じ考え方です。

具体的には、Google検索はWebサイトのタイトルや説明文を最適化し、楽天市場での検索でも同様に商品名や商品の概要を説明する文章などを最適化します。

また、楽天市場でもGoogleでも同じように、定期的にアルゴリズムは更新されます。

そのため、1週間ごとなど頻繁に自社商品の検索順位を確認するのがおすすめです。

自社商品に関連するキーワードを楽天市場でアナログ的に検索する方法もありますが、ツールを使用すれば簡単に検索順位を確認できます。

ツールは以下の2つのサービスがおすすめです。

  • 検索伝令くんLight
  • 楽天検索順位チェッカー

検索伝令くんLightは、無料で検索順位を検索できるツールです。

楽天市場内の自社商品の順位を自動でチェックし、チェックされた結果は、毎日メールで通知が届きます。

費用をかけずに最低限の順位のみ確認したい人は、利用をおすすめします。

楽天検索順位チェッカーは、有料で使用できる検索順位のリサーチツールです。

検索順位のグラフによる見える化だけでなく、検索頻度の高い関連キーワードの組み合わせなども表示されます。

初月は無料で利用でき、次月から月額5,000円(税抜)で利用できます。

楽天SEOのアルゴリズムで重要な要素

楽天SEO アルゴリズム

楽天SEOのアルゴリズムでは、商品の売上が重要視されます。

つまり、売上が大きいほど、競合よりも上位に表示されやすくなります。

具体的には、累計売上ではなく、一定期間内の売上が順位を左右するとされていますが、その期間は公表されていません。

そのため、単一の商品だけでなく、複数の商品を一定期間で楽天市場で販売し、売上を競合よりも早く出すのがおすすめです。

最近は動画による商品アピールがSEOで効果的

楽天SEO アルゴリズム

最近の楽天SEOでは、動画で商品の説明をしているページの方が上位に表示されやすい場合があります。

あくまで一つの事例ではありますが、画像だけでなく動画で視覚的に使用用途や商品の特徴を説明した方が、購入を検討している人の判断材料となります。

楽天SEO①

実際に、自社商品のスマートフォンの耐久性をアピールしている商品ページは、上位に表示されていました。

売上を上げるために、購入を促進する動画によるプロモーションはSEO対策の一つの手段と言えるでしょう。

楽天SEOの対策方法

楽天SEO対策

楽天市場で効果的なSEO対策には主に以下のようなものがあります。

  • 関連度の高いキーワードを選定する
  • 時期的な需要のあるキーワードをタイトルに入れる
  • レビューを獲得する
  • 広告などの販促施策を検討する
  • 代替テキストを挿入する
  • ディレクトリID・タグIDを設定する

関連度の高いキーワードを選定する

検索キーワードと関連性のあるキーワードを、商品タイトルや説明文に記載すると、上位に表示されやすくなります。

例えば、「靴下」で検索すると「靴下 メンズ」や「靴下 キッズ」など関連キーワードが確認できます。

楽天SEO②

関連キーワードの中から自社商品に合うキーワードを選定し、タイトルや商品概要に記載することで、検索にヒットしやすくなり、上位にも表示される可能性が高まります。

そのため、まずは自社商品のジャンルや概要を細かく分析し、掲載できるワードがないか検討するのがおすすめです。

時期的な需要のあるキーワードをタイトルに入れる

商品タイトルに季節や時期的なワードを設定すると、需要の高まりに応じて検索でヒットする可能性が高くなります。

例えば、「フラワー」で検索した時に、以下のように「父の日」や「誕生日」などのイベントがタイトルに入っているのが分かります。

楽天SEO③

また、フラワーだけでなく「父の日」などで検索するユーザーも多いため、ニーズがはっきりしておりコンバージョンする確率が高いユーザーに認知されれば、購入率の向上が期待できるでしょう。

イベントと相性の良い商品を発売している人は、イベントの3ヶ月前くらいに商品タイトルにイベント名を入れておくのをおすすめします。

レビューを獲得する

SEOのアルゴリズムに直接的には効果はありませんが、売上を上げるためにレビューを獲得するのが効果的です。

評価が4以上のレビュー数が多いと、購入に繋がりやすくなります。

レビューでは信憑性のある商品の口コミが確認でき、多くのユーザーはレビューを確認し、その商品の購入を検討します。

そのため、購入してくれたユーザには、必ずレビューを書いてもらうようにしましょう。

具体的には、レビューを投稿してくれたユーザーにレコメンドしたり、クーポンを送るなどすると効果的です。

広告などの販促施策を検討する

SEOに上位表示されず悩んでいる人は、広告の掲載を検討してみてはいかがでしょうか。

広告を出稿すると、検索上位に表示されるため、認知獲得と購入が期待できます。

例え広告費が発生したとしても、広告により売上がアップすると、SEOの評価が高まり、広告掲載を終えても自然検索で上位に表示される可能性があります。

また、広告の他にもクーポンの発行や数量限定のセールの実施により売上を上げ、検索順位がアップするまで施策を実施し続ける方法も検討できるでしょう。

セールを実施すると、楽天市場のホーム画面に表示されるケースもあります。

楽天SEO⑤

販促施策に使用できる予算と相談し、広告などの施策の実施を検討してみるのがおすすめです。

代替テキストを挿入する

代替テキストは、画像に設定できるテキスト情報です。

代替テキストも、通常のテキスト情報と同じ扱いになるため、SEOに関連しています。

例えば、フラワー商品の場合、代替テキストとして「フラワー」や「フラワー プレゼント」のように設定することで、SEO対策として効果的です。

具体的には、商品の出品時の画像をアップロードする際に、代替テキスト欄に「フラワー 贈り物 プレゼント 父の日」などのように設定します。

ディレクトリID・タグIDを設定する

SEOで上位に表示させるために、ディレクトリIDやタグIDの設定も重要です。

ディレクトリIDは、楽天市場内で設定できるジャンルを指します。

例えば、楽天市場で「冷蔵庫」を探す時も、最も大きなジャンルに「キッチン家電」があり、次に「冷蔵庫・冷凍庫」、最後に冷蔵庫のジャンルが設定されます。

ユーザーは検索機能から商品を探すケースが多いですが、具体的に購入したい商品が決まっていない時は、ャンルからリサーチすることもあるでしょう。

そのため、適切なディレクトリIDが設定されていないと、ユーザーが自社商品を認知できる機会が少なくなってしまいます。

必ず自社商品に最もマッチするディレクトリIDを設定しておきましょう。

またタグIDは、ジャンルの中でも詳細な分類を指します。

分類は、商品の色やサイズなど多岐に渡ります。

こちらも詳しく設定しておくことで、ユーザーファーストになります。

検索で上位に表示されない原因と対処法

楽天SEO対策

検索で上位に表示されない時は、以下の原因が考えられます。

  • 商品の売上が低い
  • 同じジャンルの競合が強い

商品の売上が低い

商品の売上が低ければ、SEOで上位に表示される可能性は低くなります。

また、このアルゴリズムの性質上、新しくリリースした新商品などは、他の出品期間が長い商品に比べて、比較的上位に表示されにくくなっています。

そのため、紹介したSEO対策を網羅的に実践するのがおすすめです。

特に、新商品は上位に表示されるまで時間がかかりやすいため、広告の出稿による上位表示が売上を上げるためには効果的です。

楽天市場で出稿できる広告には、以下の3種類が存在します。

  • 掲載型広告
  • 配信型広告
  • 成果報酬広告

掲載型広告は、楽天市場のトップページや特集ページに掲載される広告です。

クリック数に応じて費用が発生します。

配信型広告は、楽天市場の会員のメルマガ中に掲載される広告です。

特定のジャンルに関心のあるユーザーに絞って掲載することも可能です。

成果報酬広告は、コンバージョンなどの成果に応じて費用が発生します。

そのため、費用対効果の高い広告の出稿が期待できます。

広告の出稿を検討している人は、それぞれの特徴を理解した上で最適な手法を選択しましょう。

同じジャンルの競合が強い

同じジャンルの商品を出品する企業が強い、もしくは多いと、上位に表示されるのは困難です。

SEO対策や広告の出稿を実施しても上位表示されない場合は、別のジャンルの商品を出品するのがおすすめです。

楽天市場内で狙いたいジャンルをリサーチし、口コミ評価や口コミ数を確認し、勝てそうな領域で出品する方が、上位表示から購入に繋がりやすいでしょう。

まとめ

楽天SEO対策

今回は、楽天SEO対策で売上をアップさせるための方法について紹介しました。

楽天のSEO対策は、誰でも意識すれば実施できます。

そのため、対策をしっかり行わないと、競合に抜かれてしまい、売上の減少に繋がってしまいます。

SEO対策は一度だけで終わらせず、ツールなどを用いて定期的に順位を確認し、上位表示させるために施策を繰り返し実施しましょう。

どうやったらいいのか 無料相談 いたします

バリューエージェントのWebマーケティングは、まずあなたのやりたいことを整理して、何をどのようにすれば良いのかをお伝えします。

どこに頼んだら良いのかわからない、何をして良いのかわからないかたは、無料相談をご利用ください。

詳細はこちら