2024.06.28 2024.06.26
アナリティクス

GA4(Googleアナリティクス 4)とは?歴史や仕組み、特徴を解説

Webサイト管理者やWebマーケターであれば、GA4というツールの名前を耳にしたことがあると思います。

しかし、何ができるツールなのか具体的なことが分からないのではないでしょうか?

GA4(Googleアナリティクス 4)は、Googleが提供する無料のサイト解析ツールです。

本記事では、GA4(Googleアナリティクス 4)の概要から歴史、仕組み、特徴についてご紹介します。

なお、こちらの記事は旧Googleアナリティクス(ユニバーサルアナリティクス)ではなく、2023年7月1日から移行されたGA4(Googleアナリティクス 4)に関する説明です。

GA4と旧Googleアナリティクス(UA)の違いに関しては、下記の記事を御覧ください。
GA4と旧ユニバーサルアナリティクスの違いと基本的な使い方

GA4(Googleアナリティクス 4)とは


GA4(Googleアナリティクス 4)とは、Googleが提供するWebサイト・アプリケーション解析ツールです。

Webサイトやアプリケーションを解析する上で欠かせないツールとして、多くのWebサイト管理者やWebマーケターに愛用されています。

GA4はGoogleが無料で提供しているツールなので、どれだけ利用しても費用はかかりません。

事前に導入・設定しておくことで、いつでも簡単にサイト運営をする上での必須データを測定できます。

GA4(Googleアナリティクス 4)の歴史

GA4(Googleアナリティクス 4)の歴史は、GoogleがUrchin Software Corporation が開発したアクセス解析ツール「Urchin」を買収したことから始まります。

Googleは「Urchin」を改良し、第1世代のGoogleアナリティクスとして2005年にリリースしました。

続いて、2007年に第2世代が、2012年に第3世代がリリースされています。

Googleアナリティクスの最新バージョンであるGA4(Googleアナリティクス 4)がリリースされたのは、2020年10月です。

GA4(Googleアナリティクス 4)の仕組み

GA4(Googleアナリティクス 4)は、クラウド上にあるGA4サーバーへログインして利用する仕組みです。

自社サーバーやパソコンにGA4をインストールする必要はなく、インターネット環境があればどこからでも利用できます。

また、GA4で得られる情報は、GA4がサイトに設置された計測タグを読み取り、GA4サーバーに蓄積され、ユーザーの画面に表示される仕組みです。

サイトに計測タグが設置されていなければ、GA4にログインしても解析に必要なデータは得られません。

サイトに計測タグを設置するためにはサイトの管理者権限が必要となるため、GA4で解析できるのは自社が管理するサイトだけとなります。

原則として、第三者が管理するサイトをGA4で解析することはできません。

GA4(Googleアナリティクス 4)の特徴

サイト解析ツールとしてのGA4(Googleアナリティクス 4)の特徴をご紹介します。

ユーザーが行ったアクションを計測できる

GA4では、サイトを訪れた後にユーザーが行った以下のようなアクションを数値で計測できます。

  • ユーザーが最初に訪れたページはどこか
  • ユーザーは次に閲覧したページはどれか
  • ユーザーがサイト内に滞在していた時間はどのくらいなのか
  • ユーザーがどのような環境で閲覧しているか
  • ユーザーがどこから自サイトへ訪問したか
  • ユーザーがどのような操作をしたか

また、ユーザーの場所や言語、年齢、性別などの確認も可能です。

「データ探索」を利用すれば、表示するデータを自由にカスタマイズして解析を行うこともできます。

機械学習の導入によってユーザーの行動を予測できる

GA4では、実際にユーザーが行った行動を数値として計測できるだけでなく、将来どのような行動を取る可能性があるかを予測することも可能です。

具体的には、以下の3つの予測指標が用意されています。

  • 購入の可能性:今後7日間以内に特定のキーイベントが記録される可能性
  • 離脱の可能性:今後7日以内に操作を行わない可能性
  • 予測収益:今後 28 日間に達成する全購入キーイベントによって得られる総収益の予測

BigQueryへのデータエクスポート機能が標準搭載

GA4には、BigQueryへのデータエクスポート機能が標準搭載されています。

BigQueryとは、Google Cloud Platformで提供されているGoogleのクラウド側データベースです。

GA4とBigQueryを連動させることで、より精密な解析が行えるようになります。

第三者と共有できる

GA4の権限を第三者に付与することで、外部のマーケターやライターなどとGA4のデータを共有できます。

GA4の権限は以下の6種類です。

  • 管理者
  • 編集者
  • マーケティング担当者
  • アナリスト
  • 閲覧者
  • なし

共有する目的に応じて、権限を割り当てることができます。

GA4の権限付与方法と注意点に関しては、下記の記事を御覧ください。
GA4の権限付与方法と注意点【便利に使い分け】

Googleサーチコンソールと連携ができる

GA4とGoogleサーチコンソールを連携させることで、GA4でもGoogleオーガニック検索レポートとGoogle のオーガニック検索クエリの2つのレポートが確認できるようになります。

GA4とサーチコンソールの連携方法に関しては、下記の記事を御覧ください。
GA4とサーチコンソールの連携方法と活用ポイント

関連記事

お電話での
ご相談・お問い合わせ

電話アイコン電話する

電話アイコン06-4805-7778

平日 9:00〜18:00

相談アイコン

無料相談をする