Pocket
LINEで送る

2016年1月10日前後にGoogleの検索順位において大きな変動がありました。

コアランキングアルゴリズムというアルゴリズム変動があったようです。

コアランキングアルゴリズムとは

Googleの検索エンジンのアルゴリズム(SEOで順位を決めるためのルールのようなもの)のコアのアルゴリズムです。

Googleの検索エンジンの順位を決めるアルゴリズムの数は200〜500あるとも言われていますが、日常的に行われているアルゴリズムを総じてコアランキングアルゴリズムというようです。

先日パンダアップデートがコアランキングアルゴリズムに組み込まれたと日本、海外情報メディアやブログが伝えています。

The SEM Post(英語)

Search Engine Land(英語)

海外SEO情報ブログ(日本語)

コアランキングアルゴリズムになっていると表現されているのでコアランキングアルゴリズムが1つのアルゴリズムではなく、様々なアルゴリズムの総称であると言えると思います。

弊社のサイトでコアランキングアルゴリズムか?と思われる動き

弊社でもSEOで上位表示させたいと思っているキーワードの1つが、今回のコアランキングアルゴリズムが動いたと言われる1月10日に順位の変動が起こりました。

キーワード WEBコンサルティング INDEX1,020,000 順位20位→9位(今日は11位)

WEBコンサルティングのSEO結果

うちのサイトは何かのアルゴリズムがあるたびに狙っているキーワードの順位が上がる傾向があります。

逆を言えば、他のサイトが落ちているということです。

このサイトをSEOの設計を行ってリニューアルしたのは2014年の8月、その数ヶ月前からコンテンツをちょこちょこ投入していました。

きちんとSEOの設計を行い、良いコンテンツを作り続ければSEOに強いサイトになります。

現在の費用や手間をかけて行うSEOは、WEBサイトを作る時の設計とコンテンツ運用がほぼ全てだと思います。

数千ページや数万ページのサイトには当たり前のようにSEOコンサルタントを入れて設計を行うと思いますが、数十ページから数百ページのサイトでもSEO設計を行い、正しく運用すると様々なアルゴリズム変動が起こっても徐々に良くなるサイトになると思います。

もうすぐ、ペンギンアップデートが更新されると言われていますが、アルゴリズムの変動が楽しみになるようなサイト運営をして行きましょう。

小規模サイトのSEO設計は私たちにお任せください。

 

バリューエージェントのSEO対策サービス
SEOキーワード

SEO対策

バリューエージェントのSEO対策は、外部リンクの販売などを行わない王道のSEO対策です。SEO設計を行い、内部SEOを実施し、良質なコンテンツを作成し、サイトそのものの価値を高める長期的なSEO対策になります。

Pocket
LINEで送る