Instagramでおすすめの投稿時間は?フォロワー獲得において各業界のベストな時間帯や運用方法を紹介

近年は個人だけでなく、法人でもInstagramを活用し、自社サービスや店舗の情報発信をするアカウントが増えてきました。Instagramでフォロワーを獲得するには、投稿する時間の工夫が必要です。

この記事では、各業界の最適なInstagram投稿の時間帯について紹介します。

これからInstagramを積極的に活用し、自社サービスの売上や集客チャネルとしてグロースさせていきたいと考えている企業は参考になれば幸いです。

Instagramのフォロワー獲得は投稿時間が重要

Instagramでフォロワーを獲得するには、投稿時間の選定が重要です。

Instagramへのアクセスが集中している時間帯に投稿すると、多くのユーザーに投稿を見てもらえます。

リーチ数が多くなれば、投稿に興味を持ち、アカウントのプロフィールを閲覧してフォローしてくれるユーザーも相対的に増加します。

フォロワーを増やすために、まずはリーチ数が集まりやすい時間に投稿し、Instagramユーザーとの接点を作りましょう。

Instagramユーザーが活発な時間帯【曜日ごとに解説】

Instagramユーザーが集中してアクセスしている時間帯は以下のとおりです。

 

  • 通勤、通学時間:7時〜9時
  • 休憩時間:12時〜13時
  • 帰宅後〜就寝前:19時〜22時

 

上記の時間帯は、仕事や授業以外の隙間時間のため、1日の中でスマートフォンを触れる頻度が多い時間帯です。

時間があればスマートフォンでなんとなくSNSを閲覧する人が、若年層を中心にによく見られます。

アカウントのターゲットがどの時間帯にInstagramを利用しているのか想像し、リーチ数を見込める時間に投稿すると、フォロワー増加が期待できます。

とくに帰宅後から就寝前の時間帯(19時から22時)は、Instagramではゴールデンタイムといわれているほどアクセスが集中する時間帯です。

そのため、現在は19時〜22時に投稿するアカウント運用者がもっとも多くなっています。

投稿時間に迷ったときは、ゴールデンタイムに投稿すると一定数リーチが見込めるためおすすめです。

 

またInstagramの投稿の種類は主に3つあり、フィード投稿だけでなく、投稿の頻度が高まってきたストーリーズ、リール投稿の利用もフォロワー数増加において必要です。

ストーリーズ投稿とリール投稿も、フィード投稿と同様にゴールデンタイムの19時〜23時がもっともリーチが見込めます。

曜日ごとにアクセスが集中する時間は異なる

App Ape Lab.が公表しているデータによると、Instagramのアクセスは以下のような分布になっています。

参照元:【2020年最新版】インスタグラム投稿、いいねがもらえるベストな時間帯は?

平日は、ゴールデンタイムである19時から22時にもっとも利用されています。

朝の7時〜9時にも一定数アクセスは見込めますが、ゴールデンタイムの投稿がベストだといえるでしょう。

土曜、日曜は、ゴールデンタイムに加えて12時から18時の間にも利用者が多いことがわかります。

休日で時間のあるユーザーがついInstagramにアクセスし、関心のあるジャンルについてリサーチしていることが考えられます。

どの時間帯でも利用者が多い休日は、1日に複数回投稿をおこない、もっともリーチが取れやすい時間がどこかABテストを繰り返して分析するのがおすすめです。

各業界でおすすめのInstagram投稿時間

リーチ数がもっとも見込める時間帯は、ゴールデンタイムである19時から22時の間です。

ただアカウントを運用するジャンルや業界によっては、Instagram投稿をするベストな時間が異なります。

各業界でターゲットが違うため、一般的にリーチ数が見込める時間帯も変わってきます。

自社が対象とするユーザーが、どこの時間帯にもっともアクセスされやすいか知っておきましょう。

飲食業界のInstagram投稿時間

現在のInstagramは、Googleなどの検索エンジンのように、飲食店をリサーチするツールとして若年層を中心に利用されています。

飲食店の場合、ユーザーがいつ飲食店をリサーチしているか想像すると、ベストな投稿時間を検討できます。

飲食店をリサーチするユーザーの心理として、お店に行きやすい金曜日の夜や休日に向けてInstagramを利用して飲食店を検索することが考えられます。

そのため飲食に興味関心のあるユーザーは、一般的にリーチ数が見込めるゴールデンタイムに加え、以下の時間帯にアクセスされやすいと思われます。

  • 木曜日の夜(19時〜23時)
  • 金曜日の朝と昼(7時〜9時、12時〜13時)
  • 土曜日の朝から夕方(7時〜17時頃)

実際に京都にあるラーメン店(12時から14時、18時から21時にかけて営業)のInstagramを運用した際、インサイトを確認すると既存のフォロワーが上記の時間帯でアクティブなことがわかりました。

とくに金曜日のアクセス数は他の曜日に比べて高まる傾向にあるため、ディナーを提供する飲食店は参考にしてみてください。

観光業界のInstagram投稿時間

観光業界でのInstagram活用は、動画や画像によって視覚的に魅力を伝え、行動に促すツールとして今後ますます加速していくでしょう。

誰もが観光に関する情報を求めているわけではなく、飲食店のように情報収集を目的としてInstagramを利用する頻度は少ないと考えられます。

そのため、週末に出かけることを検討しているユーザーに対して、金曜日の昼と夜(12時〜13時、18時〜23時)にかけて、ピンポイントな投稿によるアプローチがおすすめです。

小売業界のInstagram投稿時間

小売業界でもInstagramの利用が進んでいます。

Instagramで自社アイテムを紹介し、ストーリーズ投稿でECサイトへアクセスするリンクを貼り、売上に繋げられる機能も備わっています。

小売業界のアイテムに関心のあるオーディエンスにリーチしたい場合は、休日のショッピングの参考にしているというユーザーの心理から、以下の投稿時間がおすすめです。

  • 金曜日の昼と夜(11時〜12時、19時〜23時)
  • 土曜日の朝から夜(7時〜23時)

日曜日にもアクセスが考えられますが、週末に家から出てショッピングをする人は土曜日よりも少ないと考えられるため、上記の時間で投稿し、実際に数値がどのくらい変わるか検討してみましょう。

Instagramでベストな投稿時間を見つけるための考え方

リーチ数が見込める投稿時間はおおよその検討はできますが、実際に投稿をしてデータを確認しなければ、反応が良いかどうか判断はできません。

もっとも反応が良い時間帯を見つけるために、以下の3つを意識してInstagramを運用しましょう。

  1. フォローしてもらいたい対象を明確にする
  2. 複数の時間帯で投稿しABテストを行う
  3. 定期的なインサイト分析を行う

①フォローしてもらいたい対象を明確にする

フォローしてもらいたいターゲットを明確にし、そのユーザーがアクセスする時間帯での投稿が必要です。

Instagramユーザーの興味関心によって、リサーチする内容が異なります。

 

まずはフォローしてもらいたい対象がんな属性なのか考え、そのユーザーの心理を読むのが重要です。

ユーザー心理が明確になれば、関心のある投稿内容やアクセスされる時間帯の仮説を立てられます。

仮説をもとに投稿を実施し、最適な投稿時間を見つけましょう。

 

例えば夜だけ営業している居酒屋さんの場合、見込みフォロワーは夜に知人などと行ける居酒屋を探しているためユーザーになります。

そのため、お店のリサーチをしていると考えられる金曜日や土曜日の11時〜13時頃に投稿するのがおすすめです。

②複数の時間帯で投稿しABテストを行う

リーチを獲得してフォロワー数を増やすためには、ABテストを繰り返して、どの時間帯でユーザーのアクションが活発か検証する必要があります。

ゴールデンタイムや各業界のおすすめの投稿時間を説明しましたが、あくまで仮説です。

自社アカウントにどのタイミングでアクセスされ、どんな投稿が求められているのかを確認し、投稿時間も改善の繰り返しが求められます。

③定期的なインサイト分析を行う

フォロワー数やどの時間帯にアクセスが集中しているのかは、Instagram上のインサイト機能で確認できます。

1週間ごとにインサイトでどの曜日にどれだけアクセスされているか確認し、データが溜まってきたら投稿時間を変えてみるなどして、ベストな時間帯を探りましょう。

インサイトでは、各投稿に対するフォロワーのリアクション(いいねや保存など)が確認できます。

数値データをインサイトで分析し、アカウントの改善に繋げましょう。

インサイト分析による投稿時間・コンテンツの改善でフォロワーを増やす

インサイトでは、以下のようなデータを確認できます。

  • インプレッション数
  • リーチ数
  • エンゲージメント数
  • プロフィール閲覧数
  • フォロワー情報(性別、年齢、アクセスしている時間帯など)

既存フォロワーがアクセスしている時間帯は、これからフォロワーになる見込み顧客とも相性が良いと考えられます。

既存フォロワーの情報を参考に、投稿の時間帯を検討しましょう。

またフォロワー数を増やすためには、投稿の改善も必須です。

Instagramのトレンドで、投稿を閲覧したユーザーが有益だと感じた投稿を、後から見返すために保存する傾向があります。

ユーザーから求められる投稿の指標として「保存数」に着目した運用をおすすめします。

参考:http://ja.newsroom.fb.com/news/2016/08/instagram_businesstool/

有効な時間を見つけるためには、インサイト分析の材料となる複数の投稿が必要です。

例えば、1週間ごとに18時、20時など投稿時間を変更し、10個ほど投稿のストックが溜まったら、インサイト分析をおこないます。

具体的には、指標としてリーチ数を確認しましょう。

投稿時間とリーチ数を比較し、もっともリーチが見込める投稿時間を仮で決定します。

18時にもっともリーチ数を稼げるのであれば、1週間継続して18時に投稿し、再度1週間後にインサイトを確認します。

この繰り返しにより、ベストな投稿時間を確認してみましょう。

Instagram投稿を忘れないために利用したい「予約投稿ツール」

企業でInstagramを運用する際に、本業が忙しいため投稿する時間がなく、定期的な投稿ができないという課題がよく生じます。

この課題を解決し、定期的にInstagramユーザーの情報発信を行うために「予約投稿ツール」の利用をおすすめです。

予約投稿ツールは複数ありますが、Facebook社が公式提供する「クリエイタースタジオ」は無料で利用できます。

クリエイタースタジオの利用には、Instagramaアカウントをビジネスアカウントへ切り替える必要があります。

ビジネスアカウントに変更すれば、高度なインサイト分析も可能になるため、まだ切り替えていない企業は切り替えましょう。

クリエイタースタジオでは、この画面から投稿の作成や投稿のテストなどをおこなえます。

投稿を予約する際は、「投稿を作成」をクリックし、以下のような画面から投稿テキストとメディア、配信日時を設定できます。

 

投稿忘れを防ぐために、時間があるときに複数の投稿を予約し、フォロワー獲得に向けた定期的な情報発信をおこないましょう。

反応の良い時間にInstagram投稿を行いフォロワー獲得に繋げよう

フォロワーを獲得するためには、まず多くのユーザーに自社のアカウントを知ってもらわないといけません。

リーチ数が見込める時間帯に投稿し、Instagramユーザーとの接触する機会を増やして、アカウントのファンになってもらいましょう。

また投稿時間以外にも、投稿内容や頻度も定期的な分析からの改善が必要です。

インサイト機能を活用し、どのようにアカウントを運用するのがベストか検討しましょう。

どうやったらいいのか 無料相談 いたします

バリューエージェントのWebマーケティングは、まずあなたのやりたいことを整理して、何をどのようにすれば良いのかをお伝えします。

どこに頼んだら良いのかわからない、何をして良いのかわからないかたは、無料相談をご利用ください。

詳細はこちら