越境ECで自社商品の市場規模をリサーチする方法2つ

越境ECの市場規模の調べ方

  • 海外で自社商品を売ってみたいけど、どれくらい需要があるだろうか?
  • 具体的な市場規模の調べ方を知りたいけど、どうしたらいいかわからない

海外進出を考えていて、このような疑問や悩みを持っている人は少なくないでしょう。

「越境ECをする前に知っておきたい自社商品の市場規模をリサーチする2つの方法」を越境ECマーケティングを行っている世界へボカンの徳田社長にお聞きしたので、解説します。

越境ECを始める前に市場規模を知っておくことが重要

自社の商品サービスの需要があるかどうか分からないまま、越境ECを作ることはかなり高リスクと言えるでしょう。

しかし、実際の市場ニーズがどれだけあるかはインターネット検索で調べてもざっくりとした数字しか出てこないことが多く、定性·定量的に判断しづらいといえます。

しかし、自社商品に関する市場ニーズは、実は国内で使えるGoogleのリスティング広告の画面を使うことでリサーチすることが可能です。

その2つの方法をご紹介します。

リサーチ方法①キーワードプランナーで検索ボリュームを調べる

ここでは、Google広告のキーワードプランナーを使います。

キーワードプランナーは、リスティング広告でのキーワード調査に使ったり、応用的にSEOをする際に月間の検索ボリュームを調査するために使ったりされている無料のツールです。

キーワードプランナーを使ったことがないという人は、「キーワードプランナーを使う(Google」で解説されているので、解説されている手順通り使い始めてみましょう。

このキーワードプランナーで、各国における自社商品関連の検索ボリュームを調べることができます。

検索ボリュームを調べる手順

まず最初に、キーワードプランナーに入ったら、右側の「検索ボリュームと予測のデータを確認する」を選択します。

キーワードプランナー 越境EC

すると、入力できる窓が出てくるのでここに、自社に関するキーワードを英語で入れます。

ここでは「Japanese tea(日本茶)」と記入してみました。

こちらのキーワードは1つだけではなく複数入れることも可能です。

キーワードを記入したら、「開始する」をクリックします。

ジャパねせてa

次に折れ線グラフが表示されます。この時に、左上の地域と言語を「全地域」「すべての言語」にしておきます。こうすることで、日本だけではなく世界の検索ボリュームを調べることが可能です。

そして、右上にあるチャートボタンを押しましょう。

chart

チャートを押すと、以下のような画面になるので「地域別の内訳」をクリックします。

すると、円グラフが表示されます。

Japanese teaというキーワードは世界中で月間22,200回検索されていることがわかり、その内訳がグラフでわかります。

越境EC市場規模

どの国でよく検索されているかということがわかる

上記のように、Japanese teaというキーワードはアメリカで34.4%検索されていて、インド·イギリス·フィリピン·オーストラリアでも検索されていることがわかります。

この時に、「じゃあアメリカなら需要があるから、アメリカに進出すればいいのか」と考える人も多いですが、アメリカでは競合が多かったり強かったりする場合もあるので要注意です。

このように、各国でのキーワードのボリュームが調べられるので、自社に関する様々なキーワードで検索ボリュームを調べてみると良いでしょう。

リサーチ方法②広告プレビューツールで検索結果を見る

次に、海外での検索結果を知るために広告プレビューツールを使います。

こちらもGoogle広告の無料のツールです。

特定の国での検索結果を見る方法

広告プレビューツールを開くとこのような画面が開くので、左側に自社商品に関するキーワードを入力し、住所·言語は自社商品を売りたいと考えている国とその言語を選択します。

ここでは、Japanese teaというキーワードをアメリカ・英語で検索してみます。

Japanese tea アメリカ 英語

すると、こちらのようなプレビューを見ることができます。

越境EC 市場調査 

海外での検索ニーズや競合を見ることができる

上記の方法で、最初に入力する国の名前を変更することで、国別の検索結果を見ることができます。国によって結果順位は異なり、検索スニペットも異なります。

強調スニペット

赤い部分で囲まれている部分が検索スニペット 

この検索結果の場合は、日本茶にどんな種類があるのかを知りたいというニーズや、日本茶の写真を見たいというニーズがあると考えられます。また、「Pleple also ask(他の人はこんなことも検索しています)」という部分で、日本茶を検索する人がどんなことを知りたいと考えているのかも想定できるでしょう。

検索結果にECサイトが上位表示されているなら、他の人もその商品を売っていることがわかります。表示されているサイトで売られている商品の品質や値段を見て、自社が勝てるかどうかを確認できるでしょう。

なお、プレビューツールでは検索結果はクリックできないので、サイトを見るときは表示されているURLを直接打ち込む必要があります。

まとめ

日本で商品を売る時と同様、越境ECを行う時も市場調査することはとても重要です。

今回紹介した方法では、無料で誰でも簡単に市場調査が可能です。

ぜひみなさんも、この方法で調査をしてみてくださいね。

 

越境ECについてもっと詳しく知りたい方は、世界へボカンの徳田社長著書の「はじめての越境EC・海外Webマーケティング」もおすすめです。

 

関連動画

どうやったらいいのか 無料相談 いたします

バリューエージェントのWebマーケティングは、まずあなたのやりたいことを整理して、何をどのようにすれば良いのかをお伝えします。

どこに頼んだら良いのかわからない、何をして良いのかわからないかたは、無料相談をご利用ください。

詳細はこちら