Pocket
LINEで送る

2018年7月に向けたのGoogle&SEOニュースです。

7月からサイト管理者にとって、重大な2つのことが適応されます。1つは、スピードアップデート、もう1つは、GoogleクロームにSSL化をしていないものに「保護されていません」と表示されることです。

既に対策済みの方も多いと思いますが、知らない方は、ぜひ対応してください。

スピードアップデートについて

7月からいよいよページの読み込みスピードがGoogleの検索ランキングに利用されます。SEOにおいては、とても需要なことです。

■詳細はこちら
⇒ ページの読み込み速度をモバイル検索のランキング要素に使用します

現在もページの読み込みスピードは、ランキングの要素に既に入っていると推測されますが、Googleがアナウンスを行うということは相当重要度が高いと思われます。

※日常的にアルゴリズム変更はありますが、Googleからアナウンスがあることは非常に少ないです。

 

先日Googleの検索エンジン担当の方に講演でお話をききましたが、特に遅いものに対する影響が大きいとの話でした。

そのため、こちらの方がちょっと、早い!など敏感になりすぎる必要はありませんが、ユーザーに取ってスピードは早いほうが良いの対応をしっかりしましょう。

 

私達の経験で特にスピードが遅いページの特徴と対応策は、下記3点です。

  • サーバーが遅い
    ⇒ サーバー移動
  • 画像が重い
    ⇒ 画像の圧縮プラグインやソフトを使う
  • ワードプレスのテーマが重い
    ⇒ ワードプレスのテーマを変える

他にもたくさんありますが、何が原因なのかは下記ツールなどを参考にしてください。

無料ツール:page speed insights(ページスピードインサイト)

ページスピードインサイトは、URLを入力するとスピードが遅い原因がどこにあるかを教えてくれるので、ページごとにチェックしてみてください。

その他には、こんなツールもあります。

Googlechromeアドオン:lighthouse(ライトハウス

 

以下Googleの検索担当のTwitterでのツイートです。

HTTP サイトに「保護されていません」と表示について

現在SSL化されているサイトは鍵マークや保護された通信と表示されます。

※SSL化とは、Webサイトのページを暗号化すること。過去は、問い合わせフォームや個人情報の入力フォームが暗号化されていたが、今は、常時SSL化という全ページを暗号化することが主流となっている。

2018 年 7 月に Chrome 68 がリリースされると、すべての HTTP サイトに「保護されていません」と表示されるようになります。こんな感じになると思います。(文言は違うかな)

 

今までは、SSL化しているサイトがやっているよとアピールしていたのを、”やっているのが普通、やっていないのが駄目”となる感じですね。

■詳細はこちら
Chrome の進化するセキュリティ インジケーター

 

以下Googleの検索担当のTwitterでのツイートです。

10月からは、更にSSL化が当たり前の流れになるようですね。

バリューエージェントのコンテンツマーケティングサービス
コンテンツマーケティング導入・オウンドメディアの運営支援

コンテンツマーケティング

バリューエージェントではコンテンツマーケティング導入、オウンドメディアの運営支援を行っております。ブログを書いてもアクセスやコンバージョンが増えないといったお悩みをお持ちのWEB担当者様はぜひご検討ください。

Pocket
LINEで送る