Webマーケティング業界へ転職する前に知っておきたい年収や転職事情を解説!後悔しないための勉強法も紹介

ブログアイキャッチ

Webマーケティング業界への転職を検討しており、業務内容や年収など、Webマーケティング業界についての情報を知りたい人は少なくないと思います。

近年はWebマーケティング職に就きたい人が増加しており、業界全体も盛り上がりを見せています。

そこでこの記事では、Webマーケティング業界の転職事情や概要、気になる年収などについて解説します。

Webマーケティング業界への転職を検討している人は参考にしてみてください。

Webマーケティング業界の概要

Webマーケティング業界 概要

Webマーケティング業界の概要について、以下の2つの点について解説していきます。

  • Webマーケティング業界の業務形態
  • Webマーケティング業界の職種

Webマーケティング業界の業務形態

Webマーケティング業界の業務形態には、インハウス型と受託型の2つがあります。

インハウス型は、外部に広告運用などのマーケティング業務を委託せず、社内で完結させるタイプです。

自社の事業にフルコミットできるため、中長期でマーケティング施策の実施が可能であり、事業により深く関われます。

また、外部へ委託しないため、社内で働くマーケターの意志が施策に反映されやすく、常に最前線でやりがいを持って働けます。

ただし、社内の事業にしか関われないため、自社プロダクトにしかコミットできず、多様なプロダクトや業界のマーケティングには関わりづらいのが特徴です。

対して受託型は、外部企業のマーケティング業務を請け負うタイプです。

クライアントワークが主になり、多様な業界のマーケティング施策の検討や実施に携わることができます。

そのため、インハウス型よりも幅広い業界やプロダクトの知識に触れることができ、マーケターとしての経験値が上がります。

ただ、1つの企業の案件が終了するとまた次の企業の業務が発生するため、短期的な移り変わりが激しく、切り替えが大変だという声が聞かれるのも実情です。

このように、インハウス型と受託型にはそれぞれメリットとデメリットが存在します。

どの業務形態で働きたいかを検討してから企業選びをすることで、効率的に自分が転職したい企業を見つけられるでしょう。

Webマーケティング業界の職種

Webマーケティング業界の職種には、主に以下のようなものがあります。

  • 企画営業
  • Webディレクション
  • 広告運用
  • SEOコンサルタント

企画営業は、具体的に実施する施策などを提案する職種です。

プロダクトやサービス内容を深くまで把握し、適切な施策を立案する必要があります。

Webディレクションは、Webサイトの管理や運用を行う業種です。

PV数やコンバージョン数を上げるために最適なWebサイトの制作や運用を担当します。

広告運用は、ディスプレイ広告やSNS広告など、複数の媒体での広告運用能力が求められる仕事です。

Webマーケティング業界ではメジャーな業務であり、マーケターの多くが知識や実務の遂行能力を求められます。

1つの種類の広告だけでなく、複数の媒体の広告が運用できればマーケターとしての幅が広がります。

SEOコンサルタントは、WebサイトのPV数の向上を主な目的として業務を遂行する仕事です。

競合サイトを分析し、勝ち筋を見つけてWebサイトの記事を検索上位に表示させます。

コンサルタントであるため、あくまでアドバイスや戦略の立案を行うだけに留まり、具体的な実務は別に担当者を用意するケースがほとんどです。

Webマーケティング業界の転職事情

Webマーケティング業界 転職事情

近年はWebを利用する人口が増加し、同時にWebを活用して自社のサービスや商品をPRしたい法人も増加しました。

そのため、自社にWebマーケティングのノウハウがない場合、Webマーケティング会社への委託を検討する企業が増えています。

このWebマーケティング需要の高まりにより、実務を担うマーケターの確保が急務になっているのが現状です。

インハウスでWebマーケティング業務を行う企業も、一から社内で教育するよりも、ある程度実績のある人材を求めています。

実際に、マーケターの人材不足により、Webマーケターの求人数は増加しています。

また、人材不足という問題はあるものの、専門性の高い人材は価値があり、求める会社も多いようです。

キャリア別のWebマーケティング業界の年収事情

キャリア別のWebマーケティング業界 年収事情

Webマーケティング業界の年収について、以下のキャリア別に解説していきます。

  • 全体の平均年収
  • 未経験マーケティング職の場合
  • 経験者マーケティング職の場合
  • マネージャークラスのマーケティング職の場合

全体の平均年収

まず日本人の平均年収は、国税庁の調査によると、2021年は436万円となっています。

対して、doda社の調査によると、Webマーケターの平均年収は466万円となっています。

Webマーケターは各業界の中ではいくらか年収が高めと言えるでしょう。

未経験マーケティング職の場合

未経験からWebマーケターとなる場合の平均年収は、約300万円とされています。

未経験からの転職の際は、現職との年収の差などを必ず確認し、後悔のないように転職活動を進めましょう。

経験者マーケティング職の場合

Webマーケティング経験者の場合は、10年目以下は400万円前後とされています。

Webマーケターも一気に年収がアップするケースは少なく、年功序列でキャリアアップすれば、年収を上げられます。

マネージャークラスのマーケティング職の場合

勤続年数が10年以上のマネージャークラスになると500万円前後の年収が期待できます。

また、管理職レベルになると、700万円前後も狙える業界です。

Webマーケティング業界の離職事情

キャリア別のWebマーケティング業界 離職事情

気になるWebマーケティング業界の離職事情について、以下の観点から解説します。

  • Webマーケティング業界の離職率は12%程
  • Webマーケターの離職理由

Webマーケティング業界の離職率は12%程

経済産業省の調査によると、IT業界全体の離職率はおおよそ12%となっています。

Webマーケティング業界も12%から大きく上下しない離職率となっているとされています。

厚生労働省の調査では、過去10年間の全体の離職率平均は約15%となっているため、他の業界とそれほど離職率は変わりません。

Webマーケターの離職理由

Webマーケターの離職理由の中には、主に以下のようなものがあります。

  • 業務が多忙
  • 人間関係に不満がある
  • 年齢が若くてついていけない
  • 配属部署にギャップを感じた
  • 業務が属人的
  • プレッシャーに耐えられない

人間関係や配属部署のギャップはどの業界でも言える要素ですが、業務量はWebマーケティング業界は比較的多いとされています。

また、20代から30代のマーケターが多いため、年齢によってはギャップを感じやすく、会社にいづらさを感じるケースもあるようです。

Webマーケティング業界に限らず、業界で感じやすい問題は事前に確認しておくのをおすすめします。

Webマーケティングの向き不向きは実践で確かめるのがおすすめ

Webマーケティング 向き不向き

Webマーケティング業界への転職の判断基準の1つに、業務内容が自分に合っているかどうかがあると思います。

ただ、向いているかどうかは、実際に業務を実践してみないと判断が難しいのも事実です。

実際、業務が自分に合わず、ギャップを感じてまた転職を検討する人は多くいます。

そのため、Web業界への転職を検討している人は、転職後に行うであろう業務を副業やアルバイトなどで実際に試してみるのがおすすめです。

Webマーケティングの勉強方法

Webマーケティング 勉強方法

Webマーケティングの業務内容について理解し、適性を判断するために以下の勉強方法をおすすめします。

  • 自分で商品を販売してみる
  • 書籍で基礎知識や業務内容を学習する
  • オンライン教材を活用する
  • 転職エージェントに相談する

自分で商品を販売してみる

Webマーケティングの知識や実務経験を身につけるためには、自分で商品を販売してみるのがおすすめです。

商品を自分で作り、購入されるために多様な施策を実施することで、Webマーケティングの本質である認知の獲得から購入までの一連の流れを経験できます。

例えば、自分でブログを立ち上げて記事を作成し、アフィリエイトで販売する商品を決めて購入されるように、SEO対策や広告の配信を行うことで、マーケティングの実務を経験できます。

この経験は、転職時に自分の実績のアピールとしても効果的です。

実務経験があるだけで、転職のし易さはぐっと上がるでしょう。

書籍で基礎知識や業務内容を学習する

実務を行う時間が限られている人は、書籍での勉強であれば隙間時間に行えます。

実際に任されるであろうマーケティング業務を理解しておくだけで、直感的にではありますが適性を判断できます。

また、マーケティング業務は多岐にわたるため、効率的に学習するために、自分が関心のある業務から中心に学ぶのがおすすめです。

自分の性格やこれまでの業務経験から、Webマーケティングの業務が自分に合っているか確認してみましょう。

オンライン教材を活用する

近年はWebマーケティングを学ぶ需要も高まっており、同時にオンラインスクールなどのオンラインで学べる環境も充実しています。

Webマーケティングに特化したオンラインスクールも多く存在するため、学習できる内容をよく確認した上で、受講を検討してみるのも1つの手段です。

ただし、スクールによっては30万円以上の高額な費用が発生するものもあります。

そのため、本当に費用を出してまで受講する必要があるのかよく検討し、まずは書籍やネットなど安価で学べるものから始めると良いでしょう。

転職エージェントに相談する

具体的なWebマーケティング業界の業務内容やリアルな声を聞くために、転職エージェントの利用も選択肢に入れておくと良いでしょう。

さまざまな業界に精通している転職のプロに相談することで、新しい可能性や知らなかった事実を見つけられます。

実際にWebマーケティング業界に転職する際にも、自分のレベルや要望にあった企業を紹介してくれます。

Webマーケティング業界の将来性

Webマーケティング 将来性

Webマーケティング業界は、将来的にも継続して成長が見込まれる業界です。

理由の1つに、インターネット広告市場の成長があります。

矢野経済研究所によると、インターネット広告市場は2023年にかけて右肩上がりに成長し続け、2023年には市場規模が約2兆8,000億円に達すると予想されています。

また、5Gの普及により、動画広告市場の成長も期待できるでしょう。

サイバーエージェントの調査によると、2024年には市場規模が6,856億円までに達し、4年間で約230%の成長が見込まれると予想されています。

このように、Webマーケティング業界は広告市場を中心に、今後も大きく成長し続ける見込みがあります。

同時に、Webマーケティング人材の需要も増加していくでしょう。

まとめ

Webマーケティング業界

今回は、Webマーケティング業界の転職事情や概要、気になる年収などについて解説しました。

業界は右肩上がりに成長を続けており、平均年収は比較的高く、今後さらに転職市場で注目される業界になることが予想されます。

同時に、転職希望者が多くなるため、未経験からの転職はやや困難になるでしょう。

そのため、今回紹介した勉強法を実践し、実務の経験者として転職活動を進めるのがおすすめです。

どうやったらいいのか 無料相談 いたします

バリューエージェントのWebマーケティングは、まずあなたのやりたいことを整理して、何をどのようにすれば良いのかをお伝えします。

どこに頼んだら良いのかわからない、何をして良いのかわからないかたは、無料相談をご利用ください。

詳細はこちら