中小企業が広告を出すならリスティングがおすすめ|低予算でも可能

 

中小企業の広告 リスティングがオススメ

広告といえば、かつてはテレビCMや新聞の折り込み広告など、高予算でしか出せない物が多くありましたが、インターネットが普及した今では、低予算の中小企業でも気軽に出稿できる広告が多くあります。

Web広告は、クレジットカードさえあれば今日からでも簡単に出稿できて、慣れてくればデータをみながらどんどん成果を改善できます。

Web広告の中でも、低予算の中小企業にまずおすすめしたいのがリスティング広告です。

この記事では、中小企業のWebマーケティングを支援するバリューエージェントが、低予算の中小企業にリスティング広告をおすすめする理由や成果を出すポイントをご紹介します。

中小企業が低予算で広告をしたいなら、まずリスティング広告

Web広告と一口に言っても様々な種類がありますが、低予算の中小企業にまずおすすめしたいのはリスティング広告です。

リスティング広告とは

リスティング広告とは、GoogleやYahoo!の検索エンジンの検索結果にユーザーが入れたキーワードに連動して掲載される広告のこと。検索連動型広告とも呼ばれます。

 

リスティング広告がなぜおすすめかというと、2つの理由があります。

  • 低額から広告を出稿できるから
  • 今あなたの商品・サービスを買いたいと考えている人に向けて広告が出せるから

それぞれ解説します。

低額から広告を出稿できるから

リスティング広告は1,000円からでも広告が出稿できます。

実際に1,000円だけで広告を出しても成果には繋がらないことがほとんどですので、1万円以上から出稿することをおすすめしていますが、それくらい低額から広告を出せます。また、最初に予算を決めておけば、その予算を上回ることはほぼありません。

 

リスティング広告の広告費は、キーワードごとに決まっているクリック単価と、その広告がどれだけクリックされたか、を掛け合わせて計算されます。

リスティング広告の予算

クリック単価は、Google広告やYahoo!広告で事前に調べることができ、人気のあるキーワードは高く、人気のないキーワードは安いです。

クリック数とは、何人にクリックされて広告先のページを見られたかを表します。つまり、広告を見られただけでは課金されず、興味を持ってクリックされた時点での課金となります。

 

クリックされた中からどれくらいの割合でコンバージョンされるのかによって、費用対効果は変わりますが、まずは予算1〜5万円程度でテストをしてみることをおすすめします。

今、商品を探している人に向けて広告が出せるから

リスティング広告は、先述の通り特定のキーワードを検索した人に広告を出します。

例えば、新宿駅にある焼肉の場合なら「焼肉 新宿」というキーワードで広告を出せますし、焼肉の中でも安さが売りなのであれば「焼肉 安い」というキーワードで出せます。

つまり、自社の商品・サービスを求めている人や興味関心がある人にだけ絞り込んで広告を出せるため、費用対効果が高いのです。

リスティング広告がうまくいく中小企業は他の広告でも成功しやすい

リスティング広告は、Web広告の中でも一番王道の広告です。なぜ王道と言われているかというと、先述の通りリスティング広告は自社の商品・サービスを求めている人や興味関心がある人にだけ絞り込んだ広告で、一番成果が出しやすいと言えるからです。

王道であるリスティング広告がうまくいけば、コツを掴んで他の広告でも成功しやすいでしょう。

 

逆にリスティング広告でうまくいかない会社は、他の広告をしても成果が出しにくいと言えます。

Web広告の中には他にも商品・サービスを認知していない層や潜在層に向けた広告もありますが、今商品を探している人に向けて広告を出しているのに売れない商品・サービスなのであれば、それ以外のターゲットに広告を出したところで成果は出ませんよね。

 

そこで、次の章ではリスティング広告がうまくいかない時に考えられる理由と対策をお伝えします。よくある失敗例ですので、これからリスティング広告をやろうと考えている人もぜひご覧ください。

中小企業でリスティング広告がうまくいかない理由と対策

リスティング広告でうまくいっていないパターンとして、以下のものが考えられます。

 

  • 広告文やホームページで会社の強みがきちんと伝えられていないから
  • ホームページで問い合わせや購入がしづらくなっているから
  • 最初からキーワードを絞りすぎているから

それぞれ紹介します。

 

広告文やホームページで強みが伝えられていないから

お客様が他社ではなく、あなたの会社を選ぶ理由はなんでしょうか?その理由をしっかりと広告で押し出して伝えていきましょう。

広告文ではもちろんのこと、広告をクリックした先のホームページでもきちんと伝えるようにしましょう。

 

ホームページによくありがちな高品質・低価格・短納期などといった謳い文句は、どの企業も使っている上、お客さんにとって具体的に想像できないため、強みとして捉えられないことが多いです。

これらの曖昧な言葉は、具体的な言葉に言い換えて伝えましょう。

 

曖昧な表現

具体的な表現の例

高品質

5ミクロンから加工可能

低価格

具体的な値段、最低価格(◯円〜)

短納期

最短当日発送します

 

ホームページでコンバージョンしづらくなっているから

ホームページがコンバージョン(問い合わせや購入)しづらくなっているケースも多く見かけます。

つまり、問い合わせボタンや購入ボタンがわかりづらかったり、目立たなかったりしていると、適切に広告を出していても成果が出ないことがあります。

広告文がよくて、サイトに訪問してくれたとしても、問い合わせボタンや購入ボタンがわかりづらければそれだけでユーザーは離脱してしまうと考えられるからです。

  • 問い合わせ・購入ボタンは目立つデザインにする
  • ボタンを2〜3個設定する
  • フッターにボタンを固定する

などの工夫をすることで、ホームページに訪問した人たちがコンバージョンしやすいようにしましょう。

▼弊社のコンバージョンポイントの例

コンバージョンポイントの例

最初からキーワードを絞りすぎているから

リスティング広告は、指定したキーワードを検索した人に広告を表示できますが、このキーワードは最初から絞り込みすぎないことをおすすめします。

なぜなら、予想外のキーワードでコンバージョンが発生することもあるからです。

キーワードを洗い出した時点で、大きく外れたキーワードは排除したほうがいいですが、それ以外は一旦入れて広告を回し、成果が出たものを残していくようにしましょう。

 

リスティング広告で中小企業が成功した事例

実際にリスティング広告で成功した中小企業の事例をご紹介します。

食品ECサイトの売上が3か月で前年の2倍に増加

高級黒毛和牛の通販サイトを運営している株式会社銀閣寺大西様は、商品の質はいいがECサイトのお客様は関西と関東の一部に留まっている状態で、Web集客を強化したいとお考えでした。

 

そこで、商品ラインナップが豊富なため、開始当初は商品を網羅するキーワードを選定し、クリック単価も極力抑えてクリック数を伸ばすことを目指し運用。

初動3か月で昨年比で2倍以上の売上げを達成し、その後も目標の売上を超える成果となっています。

リスティング広告運用前から、販促キャンペーンも定期的に打たれていたため、キャンペーンに合わせて広告予算を増やすことで成果にメリハリをつけることができました。

ECサイトの売上げが3か月で昨年の2倍に増加!リスティング広告運用代行

 

結婚相談所のお問合せ数が、サイト改善+広告運用で10倍以上に

関西ブライダル明石店様は、地域に密着した結婚相談所で、お客様満足度が高いことが特徴でした。

元々リスティング広告を広告代理店に出していましたが、10〜15万円の広告費で月1〜2件の問い合わせしかありませんでした。そこで、自社の魅力が伝わるようホームページを改善し、それに併せて広告を変更することで月21件のお問い合わせがくるようになりました。

 

実際に行ったサイトの変更は以下の通りです。

  1. 料金プラン自体を整理し、プランごとの詳細ページを作成
  2. 実際に対応するスタッフや相談所内の雰囲気が伝わる写真を大幅に追加
  3. 入会者がどんな人なのかがわかるよう「入会者情報」「お客様の声」を大幅に追加
  4. コンバージョンポイントを「お問い合わせ」「資料請求」よりも敷居の低い「お試しマッチング」へ変更。

結婚相談所のホームページとリスティング広告の改善・月1〜2件だった問い合わせが21件に!

中小企業の広告運用は自社か、業者に依頼か?

「リスティング広告を出したいが、低予算で済ませたいなら、自分でやるべきか、業者に依頼するべきか?」という質問をいただくことがあります。

 

これについて、現在スキルを持っている人材が社内にいない場合は、基本的には業者に依頼する方が良いとお答えしています。

というのも、業者の場合、20〜30万円の広告を5〜6万円の運用費で依頼できます。

なぜ、5〜6万円の運用費で、成果が出せるかというと、業者はすでに豊富な経験があり、成果を出すスキルがあるからです。もし、スキルのない社員が未経験から広告運用をするとなると、費用対効果はかなり低くなってしまうでしょう。

 

ただし、長期的に社内の人材に費用をかけて広告担当者にするなら話は別です。この場合は、コンサルティングなどを入れて、広告担当者の育成をすることをおすすめします。

 

まとめ

お伝えした通り、リスティング広告は、Web広告の中でも一番王道の広告です。リスティング広告がうまくいく中小企業は他の広告でも成功しやすいため、ぜひこれからWeb広告を考えている中小企業の方はまずリスティング広告から取り組んでみてはいかがでしょうか?

 

リスティング広告を実施する前にサイトを改善したほうが成果が出やすいこともあります。弊社バリューエージェントでは広告から制作まで幅広いWebマーケティング支援を行っていますので、限られた予算の中で最短で成果を出したい方は、ぜひ無料相談にお申し込みください。

どうやったらいいのか 無料相談 いたします

バリューエージェントのWebマーケティングは、まずあなたのやりたいことを整理して、何をどのようにすれば良いのかをお伝えします。

どこに頼んだら良いのかわからない、何をして良いのかわからないかたは、無料相談をご利用ください。

詳細はこちら