Pocket
LINEで送る

最近お客さまからの問い合わせで増えて来ているのが、4月21日にアップデートされるモバイルフレンドリーアップデートについての相談です。

スマートフォン対応をやるべきかの質問が増えています。

あなたのサイトがスマートフォン対応が必要か確認する方法

googleが今回スマートフォン対応を検索順位に強く影響を与えるとアナウンスしています。

これが、モバイルフレンドリーアップデートです。

今年に入ってから、弊社クライアントのスマートフォン対応していないサイトには、googleからアナウンスがあいついできています。

 

ウェブマスターツールのモバイルユーザビリティについて

このような形です。

 

ウェブマスターツールが何か分からないと言う方は、モバイルフレンドリーテストを行うと簡単に自分のホームページがモバイルフレンドリーかどうかが分かります。

モバイルフレンドリーテスト

モバイルフレンドリーテスト

 

ウェブマスターツールもしくは、モバイルフレンドリーテストでモバイルユーザービリティ上の問題があるとなった場合は、今回のアップデートでseo的に問題があり、スマートフォンでの検索順位が今より下降する可能性があります。

 

どういう事かと言いますと、今のホームページを「スマートフォン対応しないと順位が落ちますよ」と言うことで、もっと分かりやすくいうと、「SEO対策の1つとして、スマホページをしっかりと作って下さい。」と言うことです。

googleは、なぜスマートフォン対策が必要と言っているのか?

googleは「以前からスマートフォン対応ページを作って下さい」と再三アナウンスをしています。

今回のモバイルフレンドリーアップデートでいよいよSEOの評価項目に強く影響するようになりましたが、どうしてgoogleは、スマホ対応を行うことをここまで推奨するのでしょうか?

 

理由は、簡単です。

スマートフォン対応しているページの方が、見やすく、そして使いやすいからです。

 

なぜ、そう思っているかの理由は以下の通りです。

 

検索のアルゴリズム(順位決定の要因)に取り入れれば、スマホ対応ページが増える!

→スマホ対応ページが増えると、ユーザーが喜ぶ!
→ユーザーが喜べば、googleの検索エンジンを使う!
→googleの検索エンジンを使えば、googleの広告もクリックされるようになり、googleの収益も増える!
→収益が増えれば、googleがやりたい事も出来る!
→だから、スマートフォン対応をしているページを世の中に増やしたい!

 

このロジックでモバイルフレンドリーアップデートを行うつもりです。(たぶん)

 

ちなみに、googleの検索エンジンのロジックが変われば、日本ではYahoo!の検索順位も変わります。

(※現在Yahoo!Japanでは、googleの検索エンジンを利用しています)

SEOの為にスマホ対応は、やるべきか?

今までのスマホ対応化は、SEOのためではなく、ユーザービリティを上げる為に行っていました。

※ユーザービリティとは、「検索ユーザーにとっての使いやすさ」です。

 

ユーザービリティを上げると、コンバージョン(成約)率が上がるためですが、SEOの為にスマホ対応はやるべきなのでしょうか?

まずは、自社のサイトにスマートフォンからの流入がどのくらいあるのかを調べましょう。

 

googleアナリティクス

こちらは、弊社のとあるサイトですが、モバイルからの流入が22.27%とで、モバイルからのコンバージョンは「2件」です。

 

広告は行っていないため、ほとんどが自然検索からの流入で問い合わせに繋がっています。

こちらの受注単価は、数十万円になりますので1問い合わせ当たりの予想売上金額が高いため、このような場合は費用をかけてスマホ対応を行うべきだと思います。

(こちらのサイトは既にレスポンシブ対応済み)

 

スマホからの流入が少なくても、単価が高い場合はスマホ対応を行う価値があります。

償却2年程度と考えて計算すると良いのではないでしょうか。

結局は費用対効果です。

 

スマートフォン対応と言ってもどこまでやるかによって費用も大きく変わります。

成約率を落とさず(上げる為に)行うなら、レスポンシブ対応より、スマートフォン向けのページを制作した方が良いと私は思います。

 

現在のサイトを使って簡易的なレスポンシブ対応を行うなら、比較的安価に対応出来るかもしれませんし、価格だけならスマホ一括変換ツールというものもあります。

 

検索順位が落ちた際の損害を計算する必要があり、分からない場合は、計算が出来る人に相談して下さい。

もし、あなたが先々スマホ対応を行う予定ならこれを機会に思いきってスマートフォン対応を行うことをお勧めします。

 

4月21日に実施されるモバイルフレンドリーアップデートは、ペンギンアップデートや、パンダアップデート並みに影響が出ると言われていますが、各業界にどのくらいの影響を及ぼすのかは、当日から1〜2週間経った際に分かるはずです。

楽しみに待ちましょう。

バリューエージェントのコンテンツSEO対策サービス

コンテンツSEO

御社へ電話で取材をしてオリジナリティのあるコンテンツを作成するコンテンツSEOサービスです。ロングテールSEOを狙うことで長期的にアクセスアップに繋がるSEO対策を行います。

Pocket
LINEで送る