高いホームページは安いホームページとどう違う?

高いホームページって何が違う?

ホームページ制作をお願いしたいと思って調べてみたら、業者によって値段がバラバラ

ホームページをこれから作りたいと思っている方なら、こんな疑問を持つのではないでしょうか?
安いホームページと高いホームページってどういう違いがあるの?」
「高いホームページを作ったらどんなメリットがあるの?」

今回は、そんな疑問にお答えします。

動画でも解説しております。

高い、安いという感じ方は人によって違うので、今回は

  • 高いホームページ=300万円
  • 安いホームページ=50万円

という想定で説明します。

ホームページが高くなる理由

ホームページが高くなる理由として、大きく分けると以下の2つがあります。

  • デザインに特化していて、デザイン料として多く費用がかかる
  • Web集客のためにマーケティング調査などに時間をかけている

上記のように、ホームページが高い理由は制作会社によって異なります。

化粧品・アパレルブランドなどの業種によっては、デザインにこだわった方がいい場合もありますが、デザインがいいからといってホームページに人が集まってくるわけではありません。

ですので、高いホームページを作るのであれば、何のためにホームページを作るのかを考えた上で、目的にあった制作会社を選ぶ必要があります。

 

この記事では、「Web集客のためにマーケティング調査などに時間をかけているという理由で高いホームページ」について詳しくお伝えします。

高いホームページと安いホームページでの制作過程の違い

高いホームページの場合、お問い合わせを増やすために、時間をかけてマーケティング調査し、必要な情報を丁寧に組み立てていきます。
そうすると、結果的にホームページ自体がボリュームのあるものになり、それだけ工数がかかるので通常よりも高くなってしまいます。

 

一方、安いホームページでは、ホームページを納品することがメインなので、質と量は最低限に留まることがほとんどです。

具体的に、高いホームページと安いホームページの制作過程の違いはこのようになっています。

 安いホームページ
50万円程度
高いホームページ
300万円程度
納期1〜2ヶ月程度半年程度
ページ数8~10ページ程度20~30ページ以上
マーケティング調査製作者の主観・行わない
かける時間:1日以下
顧客アンケートやインターネット調査によりユーザー調査、競合調査を行う
かける時間:2週間〜
設計設計書などは作らない
他のサイトなどを参考に作る
かける時間:1日以下
ホームページ設計書や、競合調査表など
SEO対策の為の設計書を20ページ〜30ページ以上作る
かける時間:2週間〜
SEO基本的な内部SEOのみキーワード調査
SEO設計
内部SEO
SEOライティングなどを行う
デザイン見た目が綺麗なデザインにこだわる
競合他社を真似する会社もある
ユーザーが欲しい情報に辿り着きやすいデザインに拘る
ライティングお客様が書く
パンフレットのデータを貼り付ける
ユーザーが必要とする情報を分かりやすくライティングする。1ページのボリュームが多くなる
チェック1人でできるだけ早く行う
かける時間:3日程度
2人以上の体制で、漏れがないように
かける時間:2週間〜1ヶ月

高いホームページはページ数が多くなる

高いホームページは、安いホームページに比べるとページ数が多くなることが多いです。具体的には20〜30ページ程度になります。

安いホームページの場合は、一般的なホームページにあるような最低限のページのみ制作するので8~10ページ程度に収まります。

 

ただ、ページ数が多ければいいから増やしていると言うより、ホームページで成果を出すために必要な情報を入れていった結果、ページ数が多くなります。

高いホームページはマーケティング調査・設計をしっかり行う

高いホームページの場合、マーケティング調査とホームページ設計に2週間〜1ヶ月ほど費やして、しっかりと行います。

なぜなら、今の時代ホームページを作るのは当たり前となっているので、作っただけでは競合サイトに負けてしまうからです。

そこで、マーケティング調査で、その業界やお客さんになるターゲットをしっかりと調査し、その会社が競合他社に勝てるようにホームページ設計をすることが重要になります。

安いホームページ制作会社では、このマーケティング調査とホームページ設計はほとんど行いません。行っていたとしても、数時間〜1日程度デザイナーが調べて参考にする程度でしょう。

高いホームページは調査に基づいたライティングを行う

高いホームページの場合は、お客さんの考えやサービス内容をしっかりとヒアリングし、マーケティング調査とホームページ設計を行った上で、ユーザーが必要とする文章をライティングします。

制作側でライティングするので、社内チェックでは誤字脱字がないかだけではなく、しっかり伝わりやすい内容か、SEOにも効果がある書き方がされているかなどを確認します。

安いホームページ制作の場合、ホームページの中身の文章はお客さんがライティングするか、もともとあるパンフレットなどの資料をそのままホームページに流し込むことが多いです。

制作会社は、もらった文字を入れ込むだけなので誤字脱字はチェックしますが、伝わりやすいかなどはしっかりとチェックしません。

高いホームページはチェックにも時間をかける

高いホームページの場合、ホームページが出来上がって公開するまでのチェックにも2週間程度時間をかけます。

具体的には、以下のようなことをチェックします。

  • 誤字脱字がないか
  • リンク先が正しいか
  • どのデバイス(Windows・Mac・iPhone・Android)でもきれいに見えるか など

このようなチェックがしっかりできていないと、顧客になりそうなユーザーを逃してしまったり、会社自体の信用が損なわれたりと、公開後にトラブルが発生する恐れがあります。

 

安いホームページの場合は、チェックは1人でサクッと終わらせることが多いので、公開後にミスが発生する場合があります。また、修正に別途費用がかかる場合もあります。

複数人でしっかりとチェックを行っていても、ミスが完璧になくなるわけではありませんが、チェック時間も見積もりに入れておくことで、そういったミスをゼロに近づけることができます。

まとめ

高いホームページの場合、お問い合わせを増やすために、時間をかけてマーケティング調査し、必要な情報を丁寧に組み立てていきます。
そうすると、結果的にホームページ自体がボリュームのあるものになり、それだけ工数がかかるので通常よりも高くなってしまいます。

安いホームページの場合は、一般的なホームページにあるような最低限のページのみ制作するので8~10ページ程度に収まります。

 

弊社のお客様の中には、「1度安いホームページ制作会社でホームページを作ったけど、何も問い合わせが来なかった」という理由で、弊社に依頼していただいたというお客様も多くいらっしゃいます。

安い・早いを理由にホームページ制作会社を選んでしまうと、作り直すコストがかかるため、かえってお金がかかってしまう場合もあるのです。

 

「うちの会社の場合、ホームページに200~300万かける価値があるんだろうか?」そんな疑問をお持ちの方は、ぜひバリューエージェントのホームページ無料相談にお申し込みください。

どうやったらいいのか 無料相談 いたします

バリューエージェントのWebマーケティングは、まずあなたのやりたいことを整理して、何をどのようにすれば良いのかをお伝えします。

どこに頼んだら良いのかわからない、何をして良いのかわからないかたは、無料相談をご利用ください。

詳細はこちら