スマホ対応は、集客できる

スマートフォン対応の判断基準と費用対効果

Webで集客をしているあなたは、どのタイミングでスマホ対応に移行しようかお悩みではありませんか?
やった方が良いのは分かるけど、コストがかかるので踏ん切りがなかなかつかないなら、本当にやるべきかどうかを判断する基準があります。

スマホ対応を行う判断基準

あなたのサイトでスマホ対応を行うべきか?その判断基準をお伝えします。
下記を見たさなない方は、今すぐスマホ対応を行う必要はありません。まずは、この3つを調べましょう。

1. Googleからのメッセージがきていないかを確認する。

サーチコンソール(ウェブマスターツール)に登録すると、Googleがあなたのサイトがスマホ対応すべきである場合、警告が発せられています。確認して見ましょう。

google message

2. 狙うキーワードでPCとスマートフォンの順位の差がある場合。

あなたが狙うキーワードでPCの順位とスマートフォンで見た際の順位が違う(スマートフォンサイトの方が順位が下がっている)場合は、スマホ対応で順位が上がる場合が往々にあります。
Googleは、スマートフォンで見る順位にスマホ対応がされているかどうかを要素として取り入れているからです。

3. スマートフォンの方がPCサイトより申込や購買が極端に少ない。

分析ツールを見た際にPCでの申込や購入とスマートフォンでの申込や購入が極端に低い場合は、スマートフォン対応をすることにより、スマートフォンでの申込や購入が劇的に伸びる場合があります。
あなたのスマホホームページのユーザビリティ(見やすさ、使いやすさ)を上げましょう。

モバイルコンバージョン率

スマホ対応の種類

スマートフォン対応には、3つの種類があります。この3つのメリット、デメリットを説明します。

  • スマートフォンサイトを新たにもう1つ作る

    スマートフォンサイト

    全てを新しくスマートフォン様にホームページを作るということです。
    メリットは、申込や購入率の高いサイトが作れること。
    デメリットは、コストが高いことと2サイト運用するような形になるので運用コストと手間がかかるということです。

  • レスポンシブ対応を行う

    レスポンシブ対応を行う

    レスポンシブル対応とは、PC用のサイトをスマートフォンの大きさに対応させる手法です。
    サイトの変更や追加が頻繁に行う場合は、1つの情報を作るとPCサイトもスマホサイトも対応できるため、昨今ではこちらの対応が増えて来ております。
    1から作る際は、あらかじめ双方に対応できることを想定したデザインを考えて制作すれば良いですが、現在PCサイトからレスポンシブ対応を行う場合は、PCサイトのデザインもスマートフォンサイトに対応できる形に変更しなければなりません。

    レスポンシブ対応のメリットは、1つのサイトで運用できるので、運用コストや手間がかからないことにあります。
    デメリットは、今のサイトをレスポンシブにする場合は、意外とコストがかかったり、デザイン面でスマホ専用に比べて若干落ちる場合があります。
    ただし、Googleは、このレスポンシブ対応推奨しているので、新規で作る際は私たちもレスポンシブ対応をお勧めします。

  • 動的配信を行う

    動的配信を行う

    動的配信とは、プログラムによって、この部分はPCページで見せる、この部分はスマートフォンで見せるという様にプログラムによって制御することです。
    メリットは、運用もやりやすく、デザイン面にもすぐれ、申込や購入率が高いサイトが作れることです。
    デメリットは、価格が高いことです。
    売上をしっかり出しているサイトでないと費用対効果は合わないでしょう。大型サイトや月間売上げ数百万円以上野サイトにお勧めです。目的や現状の状態、費用対効果を考えて、スマートフォン対応しなければなりません。

スマホ対応のメリット

スマートフォン対応を行うと様々なメリットがあります。

  • アクセス数が増える(SEOにスマホ対応は必要です)
  • 申込や購入数が増える
  • ユーザーのサイトへの印象が良くなる(リピートやファンが増える)
  • ブランドイメージが上がる
  • 検索結果にスマホ対応と記入される
  • 売上が増える

スマートフォンの普及により、多くのサイトがスマートフォン対応しています。
そのため、ユーザーがスマホ対応ページに慣れて来たという理由とGoogleの検索ロジックにスマホ対応が必要になったことが上記の原因になります。

当社のスマートフォン対策の事例

求人申込ランディングページのスマホ対応

求人申込ランディングページのスマホ対応
フジワーク様

対象となるお客様がスマートフォンからの申込が多いと考え、PCのみ対応だったホームページと比べてスマートフォン対応の広告用ランディングページを作成した結果、PCよりも多数の申込数を獲得中です。


医療系情報サイトのスマホ対応

医療系情報サイトのスマホ対応
オペレーションジャパン様

対象となるお客様がPCとスマートフォン以外にもタブレットの利用頻度も多いと考えた結果、マルチデバイス対応を作成しました。


結婚相談所の申込サイトのスマホ対応

結婚相談所の申込サイトのスマホ対応
関西ブライダル様

対象となるお客様がスマートフォンからのアクセスが大半であると考え、スマートフォン中心でサイト作成した結果、来客数が向上しています。


良くある質問

ブログや商品ページが大量にあるのですが、こちらも価格はページ数×単価になりますか?
同じデザインのページが大量にある場合は、大幅な値引きが可能です。また、ブログシステムに載せ変えてコストをお大幅に下げることも可能です。お問い合わせください。
どんなサイトでもスマホ対応は可能ですか?
可能です。現状のサイトをレスポンシブ対応する場合等は一部PCサイトのデザイン修正がある場合がございます。お問い合わせください。
ECサイトですが、レスポンシブ対応をお願い出来るのでしょうか?
システムによってレスポンシブ対応していない場合は、新しいシステムに載せ変える必要があります。お問い合わせください。
スマートフォン対応すれば、SEOで上位表示されるのでしょうか?
上位表示は、現在のサイトの状況によって変わります。内部SEO対策が出来ていない場合などは、ご提案させて頂きます。
全てのスマートフォン機種に対応するのでしょうか?
一部のスマートフォンには対応しない場合がありますが、iPhoneなどのメジャーなスマートフォンには対応します。
納期は、どのくらいでしょうか?
現在、大変込み合っているため、1ヶ月〜2ヶ月の猶予を見て頂いています。

スマートフォン対応料金

私たちは、あなたのサイトがスマートフォン対応必要かどうか診断を行い、成果の出るスマートフォンサイトの制作を提案します。
スマートフォン対応は、ページ数や内容により費用が変わります。
費用を知りたい方は、まずはお問い合わせください。お見積りは無料です。