Pocket
LINEで送る

SEOの目的は、集客して売上げを上げる事

SEOの目的は、集客して売上げを上がる事です。

その為に、多くの訪問者を集めることがSEO対策になります。

中でも最近注目のコンテンツSEOの目的について紹介します。

コンテンツSEOにおいて、お役に立つ記事を作り、サイトのファンを増やす事は、重要な目的の一つですが、今回はSEOに絞った形で話を進めて行きます。(検索からの流入を増やす事)

大きく分けると目的は2つです。

1、メインキーワードの検索結果を上位表示させて集客する。

2、ロングテールキーワードの検索結果を上位表示させて集客する。

この2つの詳細を見て行きましょう。

メインキーワードの上位表示を狙ったコンテンツSEOで上位表示を狙う場合の目的3つ

1−1 被リンクの獲得

被リンクの獲得の為には、紹介されるコンテンツを作る必要が有ります。

人に紹介したくなるほど役に立つ、人に紹介したくなるほどおもろいの2点です。

1−2 サイトのコンテンツテーマ(キーワードテーマ)に沿ったインデックスページの増加

サイトのコンテンツテーマに沿ったインデックスページの追加というのは、ユーザーに取ってユーザーが得たい情報がたくさんあるコンテンツを作る事です。

例えば、SEO対策について、調べた際にその内容に書かれているページ数が多いとそのサイトを有効と感じる人が多いと思います。

但し、ここでの注意事項は、低品質なページにならないと言う事です。

1−3 内部クロスリンクを増やす。

コンテンツを作って、更に詳細の情報は、関係性あるページにリンクを貼る事により、ユーザーにとってもクローラーにとっても良いサイトになります。

上記のメインキーワードの上位表示を狙う理由と簡単な説明です。

ロングテールキーワードの検索結果を上位表示させて集客する。

2−1 サイトテーマに沿ったコンテンツを増やすことによるロングテールキーワードの流入増加

サイトテーマに沿ったコンテンツを増やし続けると自然と関係性のあるキーワードの記事になります。

そうすると、2ワードや3ワード、中には文章での検索などで上位表が可能となります。

1−1以外は、自分でも比較的簡単に出来ます。また、専門会社に頼んでも比較的安価に出来ます。

実施する際の注意事項

・1コンテンツを1000文字以上で行う。最低でも800文字はキープして下さい。

現在300文字や500文字で成功している事例はありますが、低品質コンテンツなる場合も有ります。そうなると後々が大変です。

・コンテンツを増やし続けるテーマをしっかりと考えておく。

メインのサイトテーマと関連性のない事を書いても仕方ありません。継続出来るように最初から設計しておきましょう。

・継続する

増やし続ける事が大切です。理想は週に2回以上、最低でも週に1回はコンテンツを作り続けましょう。

・集客出来るキーワードを考えておく。

特にロングテールでの集客を考える際には、集客出来るキーワード、そしてそのキーワードで探して来た人に役に立つコンテンツを作りましょう。

・内容はオリジナルで、ヒアリングもなしに関係性のある記事の販売もあるようですが、私はお勧めしません。時間の都合上購入する際は、その記事を基に必ずリライティングしましょう。(自社オリジナル要素を付け加える)

今回詳細については紹介する事ができなかったので、コンテンツSEOの記事を増やして行きます。

このようなコンテンツSEO対策を弊社では、サービスとして提供しています。

詳しくは、コンテンツSEOサービスのページをご覧下さい。

コンテンツSEO対策サービスのページ

バリューエージェントのコンテンツSEO対策サービス

コンテンツSEO

御社へ電話で取材をしてオリジナリティのあるコンテンツを作成するコンテンツSEOサービスです。ロングテールSEOを狙うことで長期的にアクセスアップに繋がるSEO対策を行います。

Pocket
LINEで送る