Pocket
LINEで送る

「コンテンツマーケティングというものがあるらしいのでやってみたいがどうしたらいいかわからない」

そんなお悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか?ブログやオウンドメディアがたくさん出てくる中で、「コンテンツマーケティング」のニーズも増えてきたように感じます。

今回は、コンテンツマーケティングの具体的な手法とその注意点についてご紹介していきます。

 

コンテンツマーケティングとは?

コンテンツマーケの階段

コンテンツマーケティングとは、自分が書いた文章で読んでくれた人(ユーザー)に「素敵な文章」「わかりやすくて助かる」という感情を与え、見込み客へと育成していくためのマーケティング手法の1つです。育成だけに限らず、購買→リピート→ファンまでの導線をうまく導いていくこともコンテンツマーケティングのやり方です。

見込み客を育成していくためには、サイトの記事だけに限らず「音声」「動画」「オンラインでのセミナー」「無料資料」「資料請求したらもらえる限定グッズ」などユーザーが気になる、読みたくなるコンテンツを定期的に発信していく必要があります。そのコンテンツが優秀であれば勝手に情報がネット上で広がり口コミで新しいお客様を連れてきてくれるのがマーケティングの面白さでもあります。

 

コンテンツSEOとの違い

コンテンツマーケティングとコンテンツSEOはよく勘違いされてしまう言葉です。

コンテンツSEOは、検索ユーザーが探している疑問に対して深堀した正しい情報を提供しながら、検索エンジンでも上位表示を目指す活動のことをさします。

最近巷では、「量産すればアクセスが増える」という言い方もよくされますがそれは半分正解で半分が間違いです。確かに記事をたくさんかけばアクセスは集まります。そこで本当に考えなければいけないのは、「そのアクセスは本当に欲しかったお客様かどうか」ということです。

これからコンテンツを増やしていこうと考えている方は、コンテンツSEOはあくまで「ユーザーが求めている情報を整理した上で、書いた良質なコンテンツを可能な限り更新していく」という手法であって、「量産して上位表示をたくさんとるためのもの」ではないことを理解しておきましょう。

 

コンテンツマーケティングの事例

弊社で実際にコンテンツマーケティングを行ったことで以下のような成果を生み出すことができました。今回は実績の1部をご紹介します。

例① 自社事例(Webマーケティング・SEO対策)

サイトにコンテンツを定期的に追加することで以下の成果を出すことができました。

  • 『SEO対策』『リスティング広告』『Webコンサルタント』『Webコンサルティング』『サイト改善』『Webマーケティング会社』『内部SEO対策』『被リンクチェック』『SEO対策費用』『ホームページ作成料金』などのビッグキーワードで1ページ目に上位表示

  • 『SEO』『ホームページ作成』「リスティング広告』『Webコンサルティング』『Webマーケティング』『フェイスブック広告』キーワードで『大阪』を掛けあわせて1ページ目に表示成功。

その結果、お問い合わせ数も増加。オーガニックのセッション数38.8倍・お問い合わせ15倍となりました。

例② コンテンツ作成代行事例(デンタルフロスメーカー)

デンタルフロスメーカーのオウンドメディア支援でコンテンツを弊社で定期的に作成させていただきました。

  • 実施当初513セッション
  • 1年後7,193セッション
  • 3年2ヶ月後68,796セッション

 

セッション数を開始時と比べ、134.1倍まで増加させることに成功しました。

2015/5~2018/7

もし、今「自社でうまく運用ができない」「プロにお任せしたい」というお悩みを抱えている方は気軽にお問い合わせからご連絡ください。

 

コンテンツマーケティングの4つの型

コンテンツマーケティングには4つの型があると言われています。これから、コンテンツを作るときには、どの型になるのか確認してみましょう。

エデュケーショナル型

エデュケーショナル型は、押し売りをするのではなくユーザーの悩みに沿ったコンテンツを作成し信用を獲得する方法です。

いきなり押し売りされたらあなたはどう感じるでしょうか?おそらく、「なんか怖い」とか「嫌だ!」と感じるはずです。ユーザーも同じ感情をコンテンツから抱くはずです。

エデュケーショナル型のコンテンツはまずユーザーの悩みを解決しつつ、悩みを解決する商品やサービスをそっと紹介する形です。これならユーザーは悩みを解決するために商品を購入したり、また口コミで商品を広めてくれます。

コンテンツSEO型

こちらは、Googleのハミングバードアップデート後に1つ1つのコンテンツを充実させることで書いた記事が上位表示しやすくなるという状況から増えてきた形です。

エデュケーショナル型よりも、検索ユーザーが知りたいことをただ教えるという形のコンテンツが多く、マネタイズとしてはGoogleアドセンス広告や資料請求といったユーザーが申し込むことやクリックすることに障壁が低いもの中心となっています。

コンテンツマーケティングという言葉とコンテンツSEOという言葉は混同されることが多いので注意しましょう。

※ハミングバードアップデート・・・検索者の検索意図にかなったコンテンツを検索結果で返すためのアルゴリズムアップデートです。今の良いコンテンツを作るという流れは、このアップデートから大きくできました。

ネイティブ広告型

ネイティブ広告型は、上記2つに比べて潜在層ユーザーを狙ったコンテンツです。コンテンツは、検索ではなく広告を中心に集まった方に表示されるため内容は「興味がなかったけど読んでみたら為になった」というような内容にする必要があります。

興味もないのに、住宅展示場のコンテンツを読めと言われても困ってしまいますよね?同じような気持ちを読んでいるユーザーにも考えさせない為に、いつ読んでも興味が湧く内容を書くことでユーザーをファンにすることが可能です。

(例)

・水虫ができる原因はいつも飲んでいる●●に原因がある?

・身長が170cm以下の人には共通点があった?

など、ほとんどの人が対象となるコンテンツを作ることで、クリックもされやすくなり読んでもらいやすくなります。ただ、タイトルで煽って内容が薄いと嫌われる可能性もありますのでユーザー第一に考えて更新を行うようにしましょう。

面白コンテンツ型

おもしろコンテンツのいいところは、SNSでのシェアや口コミでバズが起こり、大量にアクセスが集まる可能性があるという点です。

実際に、インフルエンサーやブロガーと呼ばれる方達がSNSで発信するおもしろコンテンツはコンテンツマーケティングで言う「面白コンテンツ型」にかなり近いものです。

ファンが増えることで、商品購入や資料請求を定期的に起こすことも可能になります。

この4つでコンテンツの全ての型が決まるわけではありませんが、大枠としての捉え方はこれで問題ないです。ざっくりと型を決めておかないと文章のゴールがわからなくなってしまう可能性があります。

例えば、「これは、●●型を意識しつつCVR上げるために書こう」や「●●型だけでなく△△型も取り込んだコンテンツにしよう」と意識してライティングを行いましょう。

 

意外と簡単!コンテンツマーケティングの考え方・記事の書き方

以下の流れで運用を行います。

  1. 目標を設定する
  2. ペルソナ調査・ターゲットを細かく分類する
  3. ユーザーが求めている事をどうやって提供するか考える
  4. 作ったコンテンツをどの型で届けるか決める
  5. 公開したコンテンツがどのような数値を出しているか確認する
  6. 新規施策と既存施策のブラッシュアップをしながら目標を目指す

上記流れで行います。

目標設定・ペルソナ調査・ターゲットの分類

目標設定は、大きい目標から小さい目標に細分化しておくとどこを改善すれば最終的にゴールにたどり着くかわかりやすくなります。

(例)大目標(KGI) 1年でサイトアクセス数 5000PV

   小目標1(KPI) 検索エンジンでの流入 4000PV

   小目標1−2(KPI)月に400ずつ増やす

   小目標2(KPI) SNSでの流入を1000PV

   小目標2−1(KPI) SNSのフォロワーを月に300人増やす

この目標が、会社ごとに違うと思いますので、大目標と小目標を立てて定期的にスケジュール通り進んでいるかをチェックするようにしましょう。

ターゲットの選定については、カスタマージャーニーを活用しながら作成していくとより具体的になってきます。

カスタマージャーニーについては無料で資料を提供しておりますので気になる方はぜひダウンロードしてみてください。

カスタマージャーニーマップはこちらからダウンロードが可能です

コンテンツの作り方

コンテンツを作る際には、4つの型のどれに沿って作るかを決めるところから始めます。(4つの型について忘れてしまった方は上部から読み直してみてください。)

先ほどの例を元に、コンテンツを決めるとするとSEOとSNSの集客を4000PVと1000PV取ることが目標となっていました。

その場合、SEOを意識したコンテンツ制作に時間をかける方が良いはずです。まずはSEOを意識したコンテンツ制作をするために、どのキーワードで上位表示を目指せば狙うお客様に自分たちをみてもらえるかを探す必要があります。

細かいターゲット設定については、「SEO設計で重要なキーワード調査と具体的な方法」をご覧いただくとスッキリ解決しますので初めて施策を行う方はチェックしてみてください。

キーワード設計を行ったあとは、記事を可能な限り丹精込めて作っていきましょう。定期的にアクセスがあるかチェックする必要もありますのでGoogleアナリティクス・サーチコンソールの設定をお忘れなく。

SNSのバズ向けコンテンツについては、

  • YouTuber
  • SNSで人気のアカウント

を定期的に見て、トレンドを追いながらコンテンツを考えていきましょう。いうのは簡単ですが、SNSのバズを狙っていくのはかなり大変です。

1回でめげずに何度も挑戦してみてください、徐々にコツを掴めてくるはずです。

 

行う事で得られるメリット

コンテンツマーケティングで得られることのメリットは、3つあります。

Webマーケティングの中でも費用が安いこと

まず何より「お金が掛からない」というのが一番のメリットです。他の施策の場合は、広告運用費がかかったり、LPデザイン費用がかかったりと施策を行う度にお金がかかりますが、コンテンツは文字を生成するだけなので、そこまで費用はかかりません。

社内内製で作ることができれば人件費しかかからないのに、たくさんをアクセスを集めることができるのでどんな小さい会社様でも取り組むことが可能です。

またコンテンツつは資産としてずっと残っていくものなので、仮に自分が書いたコンテンツが検索エンジンで上位表示すれば毎月何もしなくてもユーザーがサイトに集まってきます。

その集まったユーザーをどう活用するかがマーケティングの面白いところです。

検索エンジンから集客できる可能性があること

コンテンツを更新することで、先ほどご説明したように検索ユーザーを集めることができます。

たとえ、SEOを意識したコンテンツではないとしても検索結果に出る仕組みを設定しておけば多少なりともアクセスが集まります。

SEOだけ頑張って、上場している企業も多数ありますのでそれだけ「検索エンジンから集客できるというのは収益を増やせる可能性がある」ということです。

もし、アクセスを集めてお問い合わせが増えなくてもGoogleアドセンスやDSPの広告を掲載したり、純広告を販売して収益化することも出来るのでサイトのマネタイズポイントを増やすことにも長けています。

コンテンツからファンを作り上げることができること

コンテンツは定期的にファンを育成することができる代物です。

ファンができてくれば、運用しているSNSのフォロワーやLINE@の登録者が増え、検索エンジンに頼らなくてもお客様を集めることができます。

ファンがたくさん集まってくると売り上げが足りない時に、セールやファン限定イベントなどを行いアップセルをすることで目標達成に近づけることもできます。

ファンが付いてくると、出来ることの幅も増えてくるのでただ検索エンジンから集めるだけではなくファン育成の為のコンテンツも作成するようにしましょう。

 

コンテンツマーケティングを実施する際の注意点

メリットばかりに見えるコンテンツマーケティングにも実施の際の注意点が存在します。

商材によって、コンテンツマーケティングが合うかどうか決まってくる

コンテンツマーケティングは、商材によって合う・合わないが存在します。簡単に言ってしまうと、「インターネットを利用して問い合わせや情報をチェックしない業界」に対しては費用対効果が悪くなる可能性が高いです。

日頃からネットを使わない層に対して、コンテンツを一生懸命作っても彼らは見てくれないのでその場合は別のマーケティング施策を考える必要があります。

長期的視点が大切

コンテンツマーケティングは1日や1週間ですぐ効果が出るものではありません。広告予算を使えば、先ほどご説明した「ネイティブ広告型」を活用しながら短期的な成果を出すことは可能ですが、ユーザーのペルソナやターゲットとして今後狙っていく領域の情報が短期間では整理できないため、間違った訴求に広告予算をかけてしまう可能性も十分に考えられます。

日々コンテンツを蓄えながら、SEOやSNSでも訴求できるコンテンツを作り込んでいくことで徐々に成果を出すことができるのがこの施策の面白いところです。短期的な結果が出ないからといって「やめる!」と判断するのではなく、スタートの段階から「時間をかけて育てていこう!」という意気込みで行ってみてください。きっと素敵なコンテンツが出来上がるはずです。

コンテンツの内容は常にわかりやすく、自己中心的にならないように

コンテンツを更新していく上で大切になってくるのは「読む人のことを考えた文章」を書く事です。自分勝手なコンテンツは誰も幸せになりません、ユーザーはコンテンツに納得しない、それだけでなく顧客が離れていき自分まで悲しい思いをします。

コンテンツマーケティングの目標は「コンテンツを通して、ユーザーが新しい行動に歩むお手伝いをする」ことです。

ターゲットにするユーザーが、読んでいてストレスがかからないスマートな文章設計(誰が読んでもわかりやすいもの)を心がけましょう。

 

まとめ:これからコンテンツマーケティングを行うなら

これからコンテンツマーケティングを行なっていきたいと考えているそこのアナタ!ぜひ、これを機にコンテンツマーケティングを行ってみませんか?弊社では、コンテンツマーケティング支援を行っています。興味がある方は、気軽にお問い合わせからご連絡ください。

Pocket
LINEで送る