Pocket
LINEで送る

「大阪」というキーワードは、平均月間ボリューム550,000の超ビッグワードです。このキーワードでSEO対策を行い上位表示するには、どんなことをすればよいのかSEOコンサルタントの上野山が考えてみました。※半分ネタですが、半分ガチのノウハウ満載です。

大阪の月間検索ボリューム

コンテンツSEOのノウハウで下準備

コンテンツ作りで大切なことは、下準備です。まずは、キーワードプランナーgoodKeywordとGoogleサジェスト機能、実際の検索結果を見て、どんなコンテンツを作れば良いかを見てみましょう。

キーワードプランナーの結果

キーワードプランナーで「大阪」と入力すると、700のワードが出てきました。その700ワードをCSVダウンロードして見てみると、ほぼ観光関連のキーワードです。

この時点で、大阪の観光ネタでコンテンツ制作する可能性が高そうです。

goodKeywordとGoogleサジェスト機能

こちらで見ると「大阪天気」「大阪城」「大阪王将」などのキーワードが多そうで、観光以外のニーズも見えてきました。

数年前にアドワーズ広告で「大阪 ホームページ制作」の部分一致キーワードで出稿して、「大阪王将 ホームページ」を大量に拾ってきて痛い目にあったことを思い出しました。

Googleサジェストでは、「大阪地下鉄」、「大阪市営バス」なんてキーワードもありました。

このあたりをしっかり調べるのは、今時のSEO対策として重要です。

Googleの検索結果から考える

1位は、大阪府(おおさかふ)ホームページ [Osaka Prefectural Government] 

2位は、大阪の観光スポットランキングTOP10 – じゃらんnet

3位は、大阪 – Wikipedia

4位は天気、5位はイベント&お出かけ情報のウォーカープラス、ついで6位に観光情報、7位 観光情報、8位 天気、9位 天気、10位 グルメの検索結果です。

かなりバランスが良くて、この中に1位狙いでコンテンツを投入するのは至難の業ということが分かります。

1位は大阪府のホームページですから。。。

1位を狙うSEOに大切なことから考える

SEO対策で必要なことは、網羅性と独自性です。

大阪のあらゆる情報を網羅して、かつ独自性のある情報を伝える。こんなコンテンツを書ければ1位も夢ではありません。

網羅性とは、「大阪」に関連する情報をどこよりも集めることです。とはいえ、今回は1コンテンツで1位を狙うことを仮定しているので、どこよりも集めるのは非現実的です。

そのため、網羅しつつ独自性を強めることで1位を狙うことを考えます。

(実際にこの考え方では、超ビッグワードでは10位入賞はできても1位は狙えないでしょう。)

大阪の観光スポットをどこにもないネタで攻めながら名所を比べるという内容がオススメ

上記を踏まえて内容を考えると、他に載っていない独自の観光スポットを紹介しつつ、それだけでは埋もれて網羅できないので、その近くにはこんな有名観光スポットもありますということも書く。比較などを行えて面白いネタに仕上がれば最高です。

ターゲットは、大阪の観光でメジャーどころもいいけど、マイナースポットも知りたい!メジャーな観光どころと一緒にマイナー観光どころも味わいたいというユーザーです。

その内容でさり気なく、大阪市営地下鉄やバスを利用し、その利用の仕方も紹介しましょう。大阪王将にランチに行くネタを放り込むのもありです。

あくまで、大阪で観光したい人に役立つ情報でなければいけません。

タイトル、メタディスクリプション、外部リンク獲得も忘れずに

もちろん、タイトル、メタディスクリプション、外部リンク獲得だけでなく、内部対策、ソーシャル運用も大切です。外部リンクは、自然に獲得できるような内容にして、ソーシャルでも拡散されるようなネタでなければなりません。

タイトル

大阪人しか知らない、どこにも載っていない大阪の観光スポット12選と有名観光スポット10選

メタディスクリプション

大阪人しか知らない、観光情報では見つけられないディープで楽しめる観光スポット12選と、みんなも知っている有名観光スポット10選を比べて、大阪を10倍楽しめる情報です。大阪に来るなら必ず見てみよう!

外部リンク獲得施策

制作後は、フェイスブック、Twitterなどのソーシャル運用を行い、その露出起点を元に拡散して外部リンク獲得を行います。

ソーシャルのフォロワーがいないと始まりませんが、最高の内容が書けた場合は、広告を行い、知ってもらう起点作りも有効です。

もちろん、内容が良くないと全く意味がありません。

「大阪」でSEO対策をして1位になりたい!まとめ

「大阪」というキーワードで1位を目指すことをテーマに、上位表示するコンテンツの手法を紹介しました。このネタで書いてみた方がいらっしゃれば、ご報告いただければフィードバックも行います。

ちなみにこのネタは、「SEO 大阪」を違った角度で上位表示させられないか、自社が現在「SEO 大阪」で5位前後をウロウロしているので、もっと強くするための意図を持って書いた実験コンテンツとなります。

このあたりの考え方も参考にしていただき、上位表示を目指すコンテンツを書いてください。

いろんな実験を繰り返すから、SEOに役立つ、ひいてはユーザー目線のコンテンツができるので、皆さんも実験しながらSEO対策を楽しんでください。

バリューエージェントのコンテンツSEO対策サービス

コンテンツSEO

御社へ電話で取材をしてオリジナリティのあるコンテンツを作成するコンテンツSEOサービスです。ロングテールSEOを狙うことで長期的にアクセスアップに繋がるSEO対策を行います。

Pocket
LINEで送る