Pocket
LINEで送る

2016年の6月末から7月〜8月にかけてSEOの順位が大きく変動しています。

Googleの順位変動を計測しているnamaz.jpにおいても6月末から8月12日(本日)に到るまで安定している日が無いほどです。

Google順位変動とパンダアップデート、ペンギンアップデート対策情報|namaz_jp

 

オレンジが変動が大きい日です。6月末〜7月初旬にかけて動いて7月中旬からは日々動いているという感じです。

海外のGoogleのアルゴリズム変動察知ツールMozCastも変動が続いています。

MozCast_-_The_Google_Algorithm_Weather_Report_と_Microsoft_Word

本日も雨が降っています。上記は8月12日過去30日のグラフ。

SEOの神と言われる辻さんのTwitterでも時折うごきについて一言があったりしています。

辻正浩___Masahiro_Tsuji__tsuj_さん___Twitter

 

RankBrainだペンギンの自動更新だなどと言われていますが、それを分かったところで何も手のうちようはありません。

実際に私達の周りで起こっている不思議なできごと3つ紹介

  1. 狙っているキーワードで急な順位の上昇と下降の始まり。
  2. ビッグワードで順位の急降下。
  3. 外注ライターに書いてもらった記事の順位が落ちている。

1,長年狙っているキーワードで急な順位の上昇と下降の始まり。

これは、お客さんのサイトですが、サイトの内容やコンテンツ内容からも某キーワードで1ページ目に来ても良いはずのサイトが20位前後をうろついていました。今回の変動でいっとき7位に入り、その後20位代を行き来するようになりました。

ここ1年で行った施策は、数年前に行った外部SEO対策のリンク否認。約1年前(効果なし?)コンテンツの書き方の修正(ロングテールでのセッション数増加)、意識しすぎてキーワードの出現頻度が高くなっていたのでナチュラルに修正。内部リンクの修正この4つです。

結果的に上位で落ち着けばと思っています。

grc結果

2,ビッグワードで順位の急降下

これは、弊社のFacebook広告のキーワードが本日落ちていてショックを受けました。

これに関しては不思議ではなく情報の更新が数ヶ月止まって、内容が少し古くなっていたからの可能性があります。

また、Facebook広告の検索意図にあるが、まだ無い内容を追記しようと思っていたところだったので、追記してどうなるか見てみたいと思います。

例 画像サイズ、マネージャー、文字数、支払い方法・・・

これらの内容を追記することによってSEO対策にも、ユーザーの満足度の向上にもつながり、結果として順位は上がると思います。

こちら本日だけたまたま落ちたという可能性もあります。

Facebook広告順位

3,外注ライターに書いてもらった記事の順位が落ちている。

これは、弊社で働くアフィリエイターのサイトで起こっていることです。

不思議な事に外注ライターさんに書いてもらった記事の順位がのきなみ落ちているそうです。RankBrainは、ここまで学習するようになったかという笑い話をしていましたが、じっくり文章を読むとコンテンツに深みが足りないかも・・・という話がありました。

検索エンジンは常に進化し、そしてSEO対策は基本が大事になっていく

Googleの検索エンジンは、常にユーザーにとってより良い検索結果を返そうと日々変化しています。

そうなればなるほど、ユーザーの検索意図・背景にもとづいたコンテンツの内容が大切になってきます。

数年先を考えホームページを育てていくなら、目先のアルゴリズムの変動に惑わされずにユーザーにとって素晴らしいコンテンツを作るようにしていけば、かならずや良い結果につながります。

それは、テクニックとして捉えるのではなくて、ユーザーの検索意図を理解し、自分たちのサービスや持つ情報でどのようにユーザーを満足させるのかを考えるマーケティング的視点が大切です。

まだまだ、続きそうなGoogleのアルゴリズムの変動ですが、変動が起こる度に順位が上昇するようなコンテンツ制作を行っていきましょう。

 

バリューエージェントのSEO対策サービス
SEOキーワード

SEO対策〜設計・内部対策・コンテンツSEO〜

バリューエージェントのSEO対策は、外部リンクの販売などを行わない王道のSEO対策です。SEO設計を行い、内部SEOを実施し、良質なコンテンツを作成し、サイトそのものの価値を高める長期的なSEO対策になります。

Pocket
LINEで送る