Pocket
LINEで送る

SEO対策のクロスリンクについて、簡単な実験をしていました。

ブログの更新時にwebマーケティングと言う言葉や関係性のあるキーワードがでた際は出来るだけ、内部リンクを意識して更新していました。

上記のようにSEO対策にて関係性があるキーワードには、内部の関係性あるページに被リンクをつけるとこれもまた、リンクに1カウントするという法則がうまく機能するのかを調べていました。

結果最初始めた際は、大阪 webマーケティングで100位ぎりぎりだったものが、7位になりました。(続きますように)

ページの更新頻度もそんなに高くなかったので、クロスリンク効果が高いと思います。

この実験を始めた際に、いくつかのキーワードにクロスリンクを作りました。

それだけで、順位は70位ぐらい上がりました。

最近は、自然検索でちょいちょい問い合わせが増えて来たのも、このうような効果があるからと思います。

集客力抜群のキーワードでは、簡単に行かないかもしれませんが、クロスリンクをしっかり活用することと、ページを更新する(ブログに関係性のある情報をのせる)この2つをきちんと行うと、ある一定のSEO効果があります。

他の要素があまりでないように、ほとんど動きの無いコーポレートサイトで行って結果がでたので、中小企業の方のサイトでも十分に効果は出るでしょう。

気をつけないと行けないのは2点で、

1、ブログを他社のものを使っている方、すぐにワードプレスなどを自社のサイトに設置し、自社のドメイン内でページを増やしましょう。

アメブロでやってもこのような結果はで無いと思います。(アメブロが悪いと言っている訳ではありません。)

理由としては、私もアメブロのブログから昔はリンクを貼っていましたが、あまりSEO効果は感じなかったということと、自社のページ数が増えない為です。

2、商品やサービスに関係性のある情報を更新しましょう。

キーワードにも関係性のある言葉を意識して使いましょう。webマーケティングに関連するキーワードで上げたいのに、ラーメンを食べる昼食日記を書いても意味がありません。

私は、Facebookでこれをやっていますが(笑)、リンクはしていないし、そもそもFacebookはno follow(リンクカウント無し)です。

最近は、SEO対策に悩んでいる方が多いと思います。

もちろん、ビッグキーワードでSEO対策を行うなら、戦略作りからしっかりと始めないと行けませんが、google先生が言っている事をしっかりやるだけでも、ある程度は成果がでます。

下記を参考にして下さい。

google先生の検索エンジン最適化スターターガイドです。

これです。

バリューエージェントのコンテンツSEO対策サービス

コンテンツSEO

御社へ電話で取材をしてオリジナリティのあるコンテンツを作成するコンテンツSEOサービスです。ロングテールSEOを狙うことで長期的にアクセスアップに繋がるSEO対策を行います。

Pocket
LINEで送る