Pocket
LINEで送る

SEOを始める前に調べるべき3つの要素は、なんでしょう?

その3つの要素についてお話します。

SEO対策を本気で取り組んでいる人には当たり前の話ですが、業者に丸投げしている人や、初心者はこの3つ考えが抜けているかもしれません。

SEOの競合について

1つ目は、競合のSEO対策と強さです。

SEOで1位を取る為に最も大切な要素はなにかと尋ねられた際に、私がまず始めに見るのは、競合です。

そのキーワード競合サイトのサイトパワーや、SEO対策をどのように行っているのか、内部SEO対策や外部SEO(被リンクの本数や内容)をチェックします。

外部被リンクでもSEO会社でやっているのか、ソーシャルからなのか、はたまたコーポレートからなのか、リンク元のサイトは、どんなサイトなのかをチェックします。

しっかりとした競合調査を行うと、このキーワードの難易度が分かります。

当たり前ですが、競合が弱いとSEOで1位をとるのはとても簡単です。

地域名+◯◯などは、もちろんキーワードにもよりますが、比較的、競合が弱いキーワードです。

自社のSEOパワー

 次は、自社のサイトパワー、ドメインオーソリティ、競合と比べた内部seoの違いをしっかりと比べます。

もちろん、外部リンクについても調べます。

自然リンクをどのように増やして行くかの戦略も必要です。

自社サイトは、競合と比べて、現在どれくらいてこ入れが必要なのか、上位表示したいキーワードでの自然リンク獲得がどのくらい可能なのか、自社の分析と戦略を調べることが2つ目のポイントです。

自社のサイトのパワーが強いと、まだ狙っていないけど、ある一定のクオリティの新しくページを作るだけで、1位が取れることも良くあります。

ユーザーは、何を求めているのか?Googleの認識は?

ユーザーが何を求めているのか知るには、単純にseoで上位表示を行いたいキーワードをgoogleの検索窓に入力します。

そこで1ページ目には、どのような作りで、どのような情報を持つサイトが出て来たかを調べると、現在のサイトで上位表示を目指す事が可能なのか?もしくは、ホームページのリニューアルが必要なのかが分かります。

これは、競合調査ではなく、ユーザーが何を求めているのかgoogleがどう認識しているのかを知る為です。

例えば、会社サイトが多いやwikiが一番にあって情報サイトが多い。インデックスページが上位表示されている。TOPページが上位表示されているなどを調べる事によって、ユーザーが検索して見たいサイトを上位表示させている事が分かります。

非常に難しいオーダーなどは、ビッグワードで上位表示されているサイトは情報サイトしかし、自社の通販サイトを1位に表示したいなどです。

seoは、サーチエンジン最適化なので、サーチエンジンが必要ないとなったサイトは、どう足掻いても上位表示が難しいです。情報を知りたい人が多いキーワードには、情報サイト、買いたい人が多いキーワードには、セールスされているサイトが上位表示するようになっています。

この特性をしっかりと理解して、SEOのサイト構造を作らないとそもそも上位表示出来なくなります。

まるで、3C分析のようなSEOで1位を取る為に3つの重要なことですが、これは本当に重要なので本気でSEOに取り組むには、上記3つをしっかりと考えた上で対応して行きましょう。

SEOの調査票をご希望の方は、問い合わせフォームからお問い合わせください。

この情報が役に立った方は、いいねやTwitterの拡散お願いします。

バリューエージェントのSEO対策サービス
SEOキーワード

SEO対策〜設計・内部対策・コンテンツSEO〜

バリューエージェントのSEO対策は、外部リンクの販売などを行わない王道のSEO対策です。SEO設計を行い、内部SEOを実施し、良質なコンテンツを作成し、サイトそのものの価値を高める長期的なSEO対策になります。

Pocket
LINEで送る