Pocket
LINEで送る

何故コンテンツSEOは、ロングテールキーワードの流入が増えるの?

コンテンツSEOを行う上で、非常に分かりやすい効果はロングテールでキーワードを拾ってくる事です。

コンテンツSEOを正しく行えば、確実にロングテールのキーワードでの検索数が増えてセッション数が上がります。

理由は、とても簡単です。

ワード数が増えて、掛け合わせのキーワードが増えるからです。

例えば、「SEO対策 大阪」などの地域名×サービス名や「SEO対策 リフォーム」などのサービス名×業種や一般の商品なら「植木屋 松 採伐」などの自分の業種×対象物×サービスや「不動産 大阪 格安」などの業種×地域×条件や「大阪のWEBコンサルタントで月々5万円以下」などの文章などで検索している人にも対応できます。

例えば、上記文章を書く事で、この記事なら「コンテンツSEO 不動産」や「ロングテールキーワード リフォーム」などでこの記事を見つけることが出来るようになる可能性が出てきます。

そもそもホームページ内にないキーワードは検索されない

当然ながら、ホームページ内に出現していないキーワードでは検索される事は、ありません。

そのため、少ないページで少ない単語数のホームページよりも多いページで、多い単語数のホームページの方がwebサイトへの訪問者は増えます。

もちろん、単にページ数が多いだけでは効果はありませんが、サイト内にキーワードが書かれていないとそもそも訪問する事ができないということを忘れないでおきましょう。

1ページ、1キーワードを狙ったコンテンツを作りましょう。

ちなみにこのページで狙っているキーワードは「コンテンツSEO ロングテールキーワード」です。

単にブログを更新すればコンテンツSEOなのか?

良くが、ブログを更新すれば良いのでしょうか?と言う質問を受けます。

 ブログを更新するだけでは、コンテンツSEOの効果は期待出来ません。

ユーザーが求めている情報を書かないと意味がありません。

その上で、googleにも分かりやすい内部SEO対策を実施します。

ブログの内容をしっかりと吟味し、タグの付け方やタイトルの付け方、リンクの貼り方などもコンテンツSEOには、非常に重要な要素です。

もちろん、テーマを考えて、共起語や狙うキーワードも意識しましょう。

ユーザーが読みやすい良いコンテンツを作成することが一番大切です。

コンテンツSEOでgoogleに強いと唄い、非常に読みにくいコンテンツを作るようなサービスもあるようですが、検索で来た方が、滞在しないコンテンツは、長期的なSEOの効果はありません。

また、ユーザーに指示されないコンテンツは、仮に集客が出来ても成約に繋がらないため、何をしているのか分からなくなります。

その為、内容は「役に立つ」「共感出来る」「おもしろい」のどれかに当てはまり、かつweb上で読みやすいものがコンテンツSEOに向いています。

ブログ以外でもコンテンツSEOは、実施出来ます。

弊社がクライアントに行っている事例で一番多いものは、実績ページでSEO対策を行い、ロングテールキーワードの集客とメインキーワードの順位アップに貢献しています。

 プロに頼むコンテンツSEOはこちら

 

バリューエージェントのコンテンツSEO対策サービス

コンテンツSEO

御社へ電話で取材をしてオリジナリティのあるコンテンツを作成するコンテンツSEOサービスです。ロングテールSEOを狙うことで長期的にアクセスアップに繋がるSEO対策を行います。

Pocket
LINEで送る