Pocket
LINEで送る

 

商品・サービスを売るコピーライティング

商品やサービスを売るコピーライティングをセールスライティングと言います。

セールスライティングと言うと怪しいキャッチコピーなどを想像する方がいますが、怪しくなった時点で売れなくなるので、それはセールライティングとしては、失敗作です。

成果を出すwebマーケティングやランディングページの制作を行っている会社には、コピーライティングにセールスライティングの要素を取り入れていている会社が多く見受けられます。

では、どのようにすれば売れるコピーライティングがかけるのかお悩みの方も多いと思います。

今回は、そんな方の為に世の中に出回っているセールライティングの型をお伝えします。

AIDAの法則

一番有名どころは、AIDAの法則ではないでしょうか。

マーケティングを勉強されている方は、AIDMAやAISASじゃないのとのご指摘があるかもしれません。

セールスライティングでは、AIDAの法則がよく使われます。

マーケティング有名なAIDMAでなく、セールスライティングでは、AIDAがよく使われている理由は、私の解釈では、Mのメモリがセールスライティングでは、不要だからでは無いでしょうか?セールスライティングは、ダイレクトレスポンスマーケティングに使われる事が多いので、今すぐ行動してもらうように書く必要があります。そのため、メモリしてもらうことを意識する文章が少ないと思います。

wikiで調べたい方はこちら→AIDMAのページに載ってます。

A→Attentionです。顧客の注意を引きつけると言う意味です。

I→Interestです。顧客の興味を引くと言う事です。

D→Desireです。欲求が顧客にありそれを満足させる事を納得させるようにすることです。

A→Actionです。顧客に行動させることです。

Aのアテンションは、キャッチコピー(ヘッドライン)やファーストビュー段階でその文章を読んで頂く為に必要です。

Iのインタレストは、読みたくなったら、興味を引きつける内容を文章にします。キャッチコピー(ヘッドライン)やファーストビューで読む気にさせ、読み進めるうちに顧客が共感して行くように文章を書きます。

Dのデザイアでは、共感させ、欲しいと言う欲求が湧き出て来た際に納得出来るような情報を提供します。ここは、言葉で無理矢理納得させると言うよりは、実績や顧客の声、他社や団体に評価された実績などを書きます。

Aのアクションは、具体的に顧客に行って頂く行動と行動したくなるような内容を書くと言う事です。例えば、今すぐお電話下さいや受付は◯◯までや、限定◯個などです。

こちらのAIDAは、他の型の原型のようなものです。

他の型で有名どころでは、PASONAの法則などがあります。

Problem(問題)Agitation(扇動)Solution(解決策)Narrow down(絞込)Action(行動)

こちらの詳細は、またの機会に書きますが、AのアテンションがP(問題)の最初に来て、IのインタレストがP(問題)とA(扇動)、DのデザイアはSo(解決策)N(絞込)の部分で、AのアクションがN(絞込)A(行動)に当たると言う形でしょう。

他にも有名な型は、たくさんありますし、実際に書く時は、もう少し細かい型を作って書きますが、基本を覚えて、基本にからはずれないコピーライティングは、レスポンス(反応)がきっと取れるようになるはずです。

セールスライティングを活かしたランディンングページ作成は、→ランディングページ作成のページ

 

バリューエージェントのランディングページ制作サービス

ランディングページ制作

徹底したマーケティング調査で広告によってアクセスしてきたユーザーを確実に売上につなげる売るためのランディングページを作成するサービスです。

Pocket
LINEで送る