Pocket
LINEで送る

僕の尊敬する京セラの創業者である稲盛和夫さんが経営の原点12か条で「値決めは経営」と仰っている。

新規事業の値決めをする際に本当にその部分で非常に頭を悩ます。

自分たちの生み出す価値、戦略により値決めは決まるが、戦略通りに、お客様が受け入れてくるのか?リピートはするのか?ほんの少しの価格の違いで経営の方向性も大きく変わると思う。

ましてや、僕たちのような決してキャッシュが潤沢にある訳ではない、中小ベンチャーなどは、財務的な側面もしっかりと考えなければならない。

自社が儲かり、お客様が喜ぶ価格はただ1点だけと稲盛氏は仰っている。

この感覚を研ぎすますのは、経営者の仕事だと最近は強く感じます。

もう少し、掘り下げて考えると僕たちが事業として稼ぎだす税引後利益は、1%〜2%違うと経営者としての腕も相当違うと思います。

値決めをする際に悩むのは、1%や2%ではく、10%〜30%もしかするともっと大きいかもしれない。

それは、顧客に対する付加価値ももっとつけるべきか等を同時に悩むからである。

マーケティングの世界でも4Pが大事という。

1つ目のPは、プロダクト。(生産に関わる事。製品やサービスなど。)

2つ目のPが、プライス。(価格である。ここです。値決めは経営)

3つ目は、プレイス。(流通関係。販売する場所や流通関係。)

4つ目が当社が得意とするプロモーションである。(広告宣伝、販売促進、営業など。)

初めてマーケティングを勉強した際にプライスが重要な4つの要素の一つになることは、頭で理解できてもいまいちピンと来ていなかったように思う。

経営をしていると価格は、本当に頭を悩ます。

4Pとは、マーケティングミックスと言われ、この4つのPの戦略によってマーケティングの売り手側の戦略が決まります。

詳細は、検索するとすぐに出てきます。

マーケティングミックス4Pで調べてください。

バリューエージェントのホームページ制作サービス

ホームページ作成(集客用WEBサイト制作)

集客専門の売れるホームページ作成専門です。言われたことをやるだけではなく提案するホームページ制作会社です。マーケティング調査・売れる設計・SEOの設計を行うコンサルティング型。製造業・リフォーム・スクール・病院・歯医者・植木屋・ハウスクリーニング・ネット通販など新規客開拓ならお任せください。大阪です。

Pocket
LINEで送る